スポンサーリンク

「感謝」と「ありがとう」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「感謝」と「ありがとう」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私たちが日常使う言葉の中で、「感謝」「ありがとう」があります。

どちらもお礼を述べる時などに使いますが、その違いを改めて見てみましょう。

この記事では、「感謝」「ありがとう」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「感謝」とは?

「感謝」は、心でありがたいと思う、感じること、またはありがたいと思ってお礼を言うことです。

例としては、「心より感謝申し上げます」などと使うことができます。

「感謝」は話し言葉でも使いますが、お礼の文章などの書き言葉で使われることも多くあります。

「ありがとう」とは?

「ありがとう」は、感謝やお礼の気持ちを表す言葉として使われています。

漢字で書くと、「有難う」ですが、これは「有り難し」から来ているようです。

滅多に起こらず、有ることが難しいなどの意味です。

なので、それが有ることはとても嬉しいですし、感謝やお礼を述べたくなる気持ちを表しているのでしょう。

「ありがとう」を丁寧に言うと、「ありがとうございます」になります。

自分よりも目上の人に対して使う時は、「ありがとうございます」の方が良いでしょう。

お礼の文章では、「誠にありがとうございました」などと使うことができます。

「感謝」と「ありがとう」の違い

「感謝」「ありがとう」の違いを、分かりやすく解説します。

「感謝」は名詞で、「ありがとう」は感動詞です。

意味は同じような感じですが、使い方が違います。

「感謝」「感謝します」「感謝いたします」とすれば、「ありがとう」「ありがとうございます」と同じように使うことができます。

どちらかと言うと、「感謝します」よりも「ありがとう」の方が、柔らかく、砕けた印象になるかもしれません。

「ありがとう」は老若男女問わずに、誰にでも使えます。

特に小さな子供に対しても使うことができ、大変便利な言葉です。

「お礼申し上げます」は、「感謝」「ありがとう」のどちらの言葉も使っていませんが、両方の気持ちを伝えることができます。

これらの言葉はその時の状況に合わせて、うまく使い分けると良いでしょう。

まとめ

「感謝」「ありがとう」も、誰かにこれらの言葉を言われると嬉しいものです。

また、言う方もそう感じているのであれば、やはりどちらも嬉しい気持ちになります。

ある状況で、「感謝」「ありがとう」と感じるかどうかは人それぞれです。

同じような状況でも、「感謝」「ありがとう」と感じる人とそうでない人がいます。

世の中は当たり前のように見えて、実は「感謝」することで溢れているのかもしれません。

当たり前だと思っていたことが、実はすべて当たり前ではないとしたら、すべてに「感謝」でき、「ありがとう」という言葉が自然に出てくるでしょう。

日々の何気ない生活の中で、「感謝」「ありがとう」を自然に感じる人が多くなれば、もっと世の中は良くなっていくかもしれません。

普段から「感謝」「ありがとう」が自然に出てくるような毎日を過ごしていきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典