スポンサーリンク

「感銘を受ける」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「感銘を受ける」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「感銘を受ける」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「感銘を受ける」とは?意味

「感銘を受ける」とは、「ある物事や人物の言動などに対して、非常に強く感動して忘れられないこと」を意味しています。

「感銘を受ける」の言い回しは、「ある体験・人物にとても強い衝撃を受けて、その内容が心に深く刻み込まれて忘れられないこと」を示唆しているのです。

「感銘を受ける」という表現は、「ポジティブな意味合いでとても深く感動すること+人生観・価値観が変化させられるほどのレベルで心に深く刻まれること(忘却できない形で印象に残ること)」といった意味のニュアンスを持っているのです。

「感銘を受ける」の概要

「感銘を受ける」というよく使われる言い回しは、「感銘」「受ける」を組み合わせてつくられているものです。

「感銘」という名詞は、「ある体験や人の言動が心の中に深く印象づけられて忘れることができない様子・とても深いレベルの感動や印象」を意味しています。

「受ける」という動詞は、「物理的に受け取ること+心理的に感じること・印象や感覚を受け取ること」といった意味合いを示しています。

これらの二つの言葉から、「感銘+受ける=感銘を受ける」で、「人生の基本的な価値観を変容させるような強い感動あるいは印象を受けること」の意味になるのです。

「感銘を受ける」の言葉の使い方や使われ方

「感銘を受ける」の言葉は、「誰かの言動や何かの体験から受けた感動のレベルが非常に高い場合」に使うという使い方になります。

「感銘を受ける」の慣習的な言い方は「ある物事・体験などに対して、記憶に残るような深い感動を受ける」の意味で使われます。

「感銘を受ける」という表現は、「ありふれた感じの小さな感動」には通常使いません。

この言い回しは、「人生や考え方を大幅に変えてしまうような影響のある大きな感動」に対して使用することができるのです。

「感銘を受ける」を使った例文(使用例)

・『大好きな推しの俳優が主役をつとめた演劇の舞台を観賞したのですが、その迫真の演技と会場の空気感に感銘を受けました。』

・『いろいろなジャンルの知識・教養・作品についての理解を深めたいので、あなたが感銘を受けた書籍・体験談を教えてください。』

・『子供時代に社会的弱者のために献身的に働いているケースワーカーである母の姿に感銘を受けて、私も社会福祉の道に進むことを目指したのです。』

まとめ

「感銘を受ける」という慣用句的な表現の意味を、分かりやすく説明しましたがいかがでしたか?

「感銘を受ける」の表現には、「その後の人生の生き方・考え方を揺さぶられるほど、非常に深く感動してその内容が心に刻印されること」「人生・価値観を変えてしまうほどの強い感動・印象が心に刻まれて忘れられない」を意味しています。

「感銘を受ける」という言葉の意味・概要・使い方などを詳しく調べたい人は、この記事の解説を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典