「慰安旅行」とは!意味や使い方!「社員旅行」との違い

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「慰安旅行」の意味とは?

「慰安旅行」とは、社員の日頃の労をねぎらう為の旅行です。

大きな会社では年に一度程度の頻度で行われていますが、会社の規模や方針などによっては全く無縁という場合も少なくありません。

これが定期的に行われる会社では、その費用の一部を毎月給料からの天引きで支払っているもので、そういった摘要が給料明細にあれば、それは「慰安旅行」に使われる為だと考えていいでしょう。

「慰安旅行」の読み方

「慰安旅行」は、「いあんりょこう」と読んでください。

「慰安」は慰(なぐ)める、休ませるという意味になり、社員に対して特に後者の意味から行われる旅行となっています。

「慰安旅行」の表現の使い方

「慰安旅行」の表現の使い方を紹介します。

この旅行には基本的にどうしてもの仕事の都合(相手先との)でもない限り、会社の社員や役員全員が参加するものです。

ですが、近年では強制でそのような旅行に行かされるのを嫌がる人も多くなっている為、無理矢理連れて行かれるという性質でもなくなってきています。

ただし、行かなかったとしてもその為に積み立てていた費用の返還はないことがほとんどなので、一応は行った方が「得」だと考えていいでしょう。

言葉としては、「来月の慰安旅行、行かないことにしたから」などとその旅行のことを指して普通に使われます。

「慰安旅行」を使った例文と意味を解釈

「慰安旅行」を使った例文と、その意味の解釈になります。

そのような旅行のことという意味しないない言葉なので、例文の解釈も簡単です。

「慰安旅行」を使った例文1

「前の会社では慰安旅行があったが、この会社にはないようだ」

慰安旅行は会社によって、そのようなものは全く行わなかったり、景気がよかった年だけ行うなどその実施については様々です。

以前まではあったものの、どこかを境に行わなくなったという会社もあるでしょう。

「慰安旅行」を使った例文2

「今年の慰安旅行はハワイに行くと決まったらしい」

慰安旅行の行き先は、毎回違うことが多いです。

大きな会社になると、この計画を立てる専門の人員が何人か居ることも珍しくありません。

「慰安旅行」の類語

「慰安旅行」と似た意味で使う言葉です。

旅行も含めて、色々な福利厚生の総称だと考えてください。

「リクレーション」【りくれーしょん】

リフレッシュの為の娯楽や行動のことで、その1つが「慰安旅行」だと解釈できます。

「この会社ではリクレーションの一貫として、慰安旅行が計画されている」と使ってみると、言葉の解釈的にも分かりやすいでしょう。

「慰安旅行」と「社員旅行」は違う?

「慰安旅行」「社員旅行」とも呼ばれ、この2つは全く一緒の意味だと解釈して構いません。

「慰安旅行」という言葉の響きがあまり現代的ではないため、今ではこの「社員旅行」と呼ばれることも多くなってきています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典