スポンサーリンク

「懲戒免職」と「懲戒解雇」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「懲戒免職」と「懲戒解雇」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「懲戒免職」「懲戒解雇」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「懲戒免職」とは?

「懲戒免職」は、公務員の方が、不祥事を起こして犯罪者となることで信用を失い、その地位を失うことで、簡潔に言えば、二度と、公務員になれない可能性がある首です。

何故、再度公務員になれないかというと、不祥事によって公務員の信頼を失った人物であるという理由が再雇用という形に結びつかないという理由であるためです。

「懲戒解雇」とは?

「懲戒解雇」とは、企業に勤める者が不祥事を起こして、会社を首になることを言います。

なお、会社員は、公務員と異なり国家を代表としない職員であるため、会社を首になる際、氏名が公表されることはまずありません。

公務員側は逆に使命が公表されかつどこの公務員として働いていた釜で公表されるため、不祥事において公務員はかなり厳しい処罰を受けます。

「懲戒免職」と「懲戒解雇」の違い

「懲戒免職」「懲戒解雇」の違いは職を失う人物の立場が異なります。

「懲戒免職」は、公務員、「懲戒解雇」は会社員と覚えておくとよいでしょう。

「懲戒免職」の例文

・『年金を着服し懲戒免職となる』
この例は、他者の年金をこっそりと拝借したことバレて首になったという公務員の話です。

「懲戒免職」という言葉を見れば公務員が不祥事を起こしたことが分かり、この例はおそらく年金を着服したことがバレて首になった例になります。

この後、この年金を着服した人物は見せしめを兼ねて氏名とどこで働いていたかを公表されると予測します。

「懲戒解雇」の例文

・『会社の売上金を着服したが故、懲戒解雇となった』
この例は、会社の売上金に手を出したが故、会社を首になった例です。

どのような過程で着服していることがバレたのかは重要ではなく、結果、会社を首になってしまったことの方が重要で、この人物はおそらく、再就職において企業が雇用するに際して犯罪歴を見た際に会社の資金を着服と記載されていますので恐らく再雇用は難しいです。

まとめ

「懲戒免職」「懲戒解雇」の違いは、首になるものの属する組織が異なります。

「懲戒免職」は公務員が職を失うことで、恐らく再び再度公務員となり働くことは難しいです。

何故なら、公務員が職を失う場合、不祥事においては氏名及びどこに勤めていたかを公表されてしまうので再雇用において影響を強く及ぼします。

反面に、企業側が従業員となるものを不祥事を理由に首にする「懲戒解雇」は使命とどこで働いているかは公表されません。

しかし、企業の場合、犯罪経歴を履歴から閲覧することを可能としていますので、犯罪歴に会社の売上金の着服とあれば、果たしてその人物を雇用するであろうかという問題があり、恐らく雇用しません。

その為、「懲戒免職」「懲戒解雇」は両者ともに不祥事を理由に解雇しており、かつ両者ともに再雇用を得る望みがない解雇になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典