「我が家」と「お家」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「我が家」と「お家」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「我が家」「お家」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「我が家」とは?

「我が家」の意味と使い方について紹介します。

「我が家」の意味

「我が家」「わがや」と読みます。

意味は「自分の家」「自分の家庭」になります。

「我が家」の使い方

「我が家」は、「自分の家」または「自分の家庭」のことを言います。

「ようこそ我が家へ」という場合、「自分の家」であることを強調した意味になります。

この場合、「自分が建てた家」「自分で作り上げた家という空間」を表しています。

また、「我が家の場合」「我が家では」という場合、「自分の家庭」「自分の家族に限って」を強調した意味になります。

「我が」「私の」「自分の」「自分達に共通のものであること」という意味です。

「我が家」という場合、「他の人のものとは違う、自分だけの家や家庭というつながり」を表しているのです。

「お家」とは?

「お家」の意味と使い方について紹介します。

「お家」の意味

「お家」「おうち」「おいえ」と読みます。

意味は「他人の家、家庭の敬称」「自分の家を丁寧に表現した言葉」になります。

「お家」の使い方

「お家」は、「おうち」と読む場合、2つの意味があります。

1つ目は「人の家や、家庭にこと」という意味で、「友達のお家に遊びに行った」などと使います。

2つ目は「自分の家の丁寧な言い方」という意味で、「おうちでごはん」「おうちで遊ぶ」など、子供に対して使うことが多くなります。

また、「おいえ」と読む時には、他人の家に対して使うことが多く「お家騒動」「お家芸」など、その家独特のものごとに対して使われます。

「お家」は基本的に、自分の家、他人の家どちらにも使います。

「我が家」と「お家」の違い!

「我が家」「自分の家、自分の家庭」のことです。

「お家」「自分や他人の家、家庭のこと」です。

まとめ

今回は「我が家」「お家」の違いをお伝えしました。

「我が家は自分の家や家庭」「お家は自分だけではなく他人の家や家庭も含む」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典