スポンサーリンク

「戦略」と「ビジョン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「戦略」と「ビジョン」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「戦略」「ビジョン」、このふたつは近年ビジネスシーンで多く使われるようになった言葉であり、似た意味を持っています。

この記事では、「戦略」「ビジョン」の違いについて分かりやすく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

「戦略」の意味や使い方とは?

「戦略」とは、戦争や戦闘においての準備や計画、方針を決めることをいいます。

近年ではビジネスシーンでも多く使われるようになり、始めはベンチャー企業が中心でしたが現在では大企業や中小企業でも「戦略」を考える会社が増えてきました。

ビジネスシーンにおいて「戦略」といった場合は、その企業によってもっとも重要な課題や問題点に対して立てるもので、日常業務ではなくもっと大きな目標に向かってゆくための方針です。

「戦略」を立てるときは、まずは現状を分析して問題点や課題点を見つけ出し、それを解決するためにはどのような行動をすればよいかを考えていきます。

成果を達成するためにするべきことや切り捨てるべきものを明確にするのが「戦略」の最終的なゴールとなります。

つまり、「戦略」は会社経営において「中期的イメージ」をあらわしています。

「ビジョン」の意味や使い方とは?

「ビジョン」とは、将来のあるべき姿を描いたものを指し、未来図や未来の構造、見通しなどをあらわします。

近年ではベンチャー企業を中心に「ビジョン」を設定する会社が増え、今では大企業や地方の中小企業でも設定し始める会社が増えてきました。

ビジネスシーンにおいて「ビジョン」といった場合も本来の意味と似た意味を使い、それぞれの会社の未来への展望を描いたもののことを指します。

とくに会社の経営理念で決められている姿勢や存在意義へと達成するための到達点のことであり、会社経営においては「長期的イメージ」であるとされます。

人と組織のマネジメントや経営方針に沿った活動、それら全てに整合性があり、その会社が一丸となって「ビジョン」を考える必要があります。

「戦略」と「ビジョン」の違いについて解説

「戦略」「ビジョン」は、どちらもそれぞれの会社の目標やゴールへと向かうためのものですが、とても似ているように思えて違ったものです。

「戦略」「ビジョン」は、「ビジョン」を実現させるための「戦略」であるというとわかりやすいです。

将来の見通しや未来への展望である「ビジョン」に向かって「戦略」を立てて進んでいく、ということです。

ですので、たとえば「ビジョン」でどのような会社になりたいのかを設定し、その実現に向けて、「戦略」を立てて、机上の空論にならないように実行する、といった流れです。

また、「ビジョン」を設定している会社は大企業も増えてきたとはいいますが、大きく成長する未来を描いて日々努力している段階のベンチャー企業に多く、比較的新しい言葉であると言えます。

「戦略」と「ビジョン」の違いのまとめ

どちらも似ている言葉ではありますが、「ビジョン」という将来なりたい姿を描いたものに向かって「戦略」を立てて進んでいく、というものであり、このふたつの言葉は別のものであるということでした。

さまざまな会社で使われ始めたことから、しっかりと覚えておきたい言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典