スポンサーリンク

「戦略」と「戦術」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「戦略」と「戦術」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事力を上げるために、知っておきたい言葉はいくつかあります。

この記事では、「戦略」「戦術」の違いを分かりやすく説明していきます。

その差を知って、キャリアに活かしていきましょう。

スポンサーリンク

「戦略」とは?

戦略とは、勝つためのシナリオのこと。

会社が利益を出せるように、あらすじを描いたものです。

マーケティングの部門で、よく使われる単語です。

戦略とは、もともとギリシャ語の「ストラテジー」から来た言葉です。

ストラテジーは軍隊の用語で、勝利をつかむための作戦をあらわしています。

どんなに良い戦士を集めても、手順が決まっていなかったら、軍隊はバラバラになってしまいます。

そのため成功するための道筋を、はっきり付ける作業が「戦略」です。

戦略をしめすことで、社員それぞれが迷うことなく自分の仕事をおこなえます。

それぞれが自分の持ち場で、いかんなく能力を発揮できるようになります。

組織のトップで指揮をとるのが「戦略」です。

「戦術」とは?

戦術とは成功するための、具体的なやり方のこと。

どうすれば勝てるのか、詳細に動き方をあらわしたものです。

こちらも企業経営でよく耳にする言葉です。

戦術は「タクティクス」という英語から、やって来た言葉です。

タクティクスは戦術のほか、兵法や作戦という意味もあります。

大きなシナリオをもとに、より細かく詰めていったものが「戦術」です。

どんなに良い武器を持っていても、戦い方が分からなければ相手にスキを突かれて負けてしまいます。

ライバルに付け入るスキを与えないように、最大限のパワーで戦えるように、前もって準備しておくものが「戦略」です。

戦略を練っておくと戦い方が分かり、面白いくらい会社が儲かるようになります。

いい商品を最短で売るための方法が「戦略」です。

「戦略」と「戦術」の違い

どちらも「ビジネス上の戦い」にまつわる言葉です。

「戦略」「戦術」の違いを、分かりやすく解説します。

・戦略はシナリオ、戦術は戦い方
戦略も戦術も企業が成長していく上で、欠かせない原動力です。

戦略が「台本・シナリオ」だったとしたら、戦術は「戦い方のマニュアル」です。

つまり大きな戦略を、さらに細かくあらわしたものが戦術。

たとえばサッカーチームの戦略が「この試合に勝って、決勝に進むこと」だったとします。

決勝に進みたいという目標を叶えるものが「戦術」

誰をどのポジションにつかせるか、どんな攻撃プレーを考えるかが「戦術」になります。

組織をまとめるための目標が戦略。

目標を達成するためのやり方が戦術です。

まとめ

「戦略」「戦術」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも組織力を上げる、大切な言葉です。

戦略とは組織が勝つための、シナリオや枠組みのこと。

進みたい方向性を示したものです。

対する戦術とは、戦略を叶えるための「具体的な手段」のこと。

どのように動けば勝利をつかめるか、描いたものになります。

どちらも強いチームや組織に無くてはならない、重要な考え方です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典