スポンサーリンク

「戦略」と「施策」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「戦略」と「施策」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「戦略」「施策」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「戦略」とは?

「戦略」は、勝つという明確な目標のもと、長期的に展開を可能とする作戦そのものを指し、行動によって実行されるものです。

「戦略」は主に、自分たちが主体であると仮定した場合、自分たちのみが勝ちを得ることのみを重視し、他者については別に考慮する必要性はなく、たとえ味方となるものであっても見捨てた方が得策であると判断した場合、見捨てるということも長期的な行動計画の中に盛り込まれます。

そのため、「戦略」という言葉は戦争などでたびたび使用される言葉です。

「施策」とは?

「施策」は、一つの物事があり、その物事に問題があったうえで問題のみ、解決する行動計画のことを、「施策」と呼びます。

「施策」は基本的に、勝ち負けではなく、問題解決のみを重点に置きます。

また、「施策」は主に政治などの分野で使用される言葉です。

「戦略」と「施策」の違い

「戦略」「施策」の違いは、行動計画が異なり、「戦略」は勝つことを重要視し、「施策」は問題解決のみを重点としているため、違いは、行動計画により、勝つことを重視するか、問題解決のみを重要視するかです。

「戦略」の例文

・『長期的な文房具の販売戦略を練る』

この例は、長期間時間をかけたうえで、文房具を売り込むための販売計画を練ることで、他社をしのぐ売り上げに至るよう販売計画を練ることを意味します。

「販売戦略」とあるように、「戦略」とすることで長期的に商品を展開し、文房具の売り上げという品目において他社を突き放し、勝つことを掲げている例です。

・『長距離爆撃による戦略はリスクが伴う』

この例は、長距離爆撃を勝つための戦略とするのはリスクがあるという例です。

「戦略」は軍事的行動による勝つための行動であることも多く、このケースでは軍事行動により勝つための行動としています。

「施策」の例文

・『農業に関する施策を練る』

この例は、農業という分野において、問題となっている部分の解決策を練るという例です。

「施策」は問題点の解決を重視しているため、この例では農業分野の問題解決を図るという意味となります。

・『テレワークに関する施策を練る』

この例は、テレワークに問題があるが故その問題点を上げ、テレワークが機能するよう促す例です。

「施策」は、役所の他、政治などで問題がある機構を改革することでもあるため、この例においては、政治で問題となっているテレワークの欠陥を探して修正しようとしているのです。

まとめ

「戦略」「施策」の違いは、行動計画に関する違いがあり、「戦略」は勝つことを重要視するため、戦争などで用いられる言葉です。

一方、「施策」はと言うと、「施策」は、物事に問題があることを踏まえ、問題を解決するためにどう行動するかを示すものであるため、政治などで使用される言葉で、問題解決のために行動する計画のことを指します。

つまり、両者は勝ち負けを重視しているか、勝ち負けではなく、物事自体の欠陥を正そうとしているかにあるため、使い分けが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典