スポンサーリンク

「手際が悪い」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「手際が悪い」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「手際が悪い」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「手際が悪い」とは?意味

「手際が悪い」は、手指などの手先で身に付く物事の要領が悪いことです。

つまり、「手際が悪い」とは、手先などで完結する職人や事務員さんのようなお仕事の達成度合いが、同じ職人や事務員さんよりも遅くお仕事の速度が他者よりも遅れていることを指します。

その為、「手際が悪い」と言われた人物はお仕事が遅い人物であると言われているのです。

「手際が悪い」の概要

この言葉は、実は元々は、指先などで行う仕事が遅いという意味であるため、指先以外を酷使するお仕事が他者よりも遅いという意味ではありません。

しかし、手際という言葉は、だんだんと時代が進むに連れて先によって解決する物事から手腕という意味を持つようになり、物事を解決するための腕前を指すようになったため、今現在では、物事を解決できる腕前も指すため、弁護士のような人物であれば、「手際が悪い」は問題解決の腕前が悪いと述べているのです。

「手際が悪い」の言葉の使い方や使われ方

この言葉は、今現在では仕事の腕前が悪いことを指すために使用し、言葉の使用対象者は他者よりも仕事ができない人を対象に使用します。

「手際が悪い」を使った例文

・『あまりにも、報告書の作成に時間がかかりすぎていて手際が悪い部下だ』
この例は、上司に報告書を作成して持っていく部下のお仕事の要領が悪すぎるという例です。

「手際が悪い」は、手先で物事を解決する能力なので報告書はまさに手先で作り上げる物なので本来の使い方になります。

・『この弁護士は手際が悪い上仕事をしているかどうかも怪しい』
この例は、弁護士の人が実は仕事を放棄しているのではないかと疑った例です。

「手際が悪い」は、手腕のことを指す意味で現在は使用されるケースもありこの場合、問題解決の手腕が見て取れないと言っています。

・『手際が悪いと言うが君よりはマシだ』
この例は、仕事の要領が悪いと言われた人物が君の方が仕事ができてないと言ってのけた例です。

「手際が悪い」は、相手から自分に対象が移行した場合、それを返すことが可能でこの例はまさに対象を再度相手側に移行しています。

まとめ

「手際が悪い」は、要は手先で解決できる仕事の能力が低いということが本来の意味です。

しかし、「手際」は手腕のことを指すようになったため、今現在では純粋に仕事ができるかできないかです。

その為、「手際が悪い」という言葉は仕事ができないと言われているのですが、君よりもマシだ、部長よりましですと言えば簡単に相手の方が仕事ができていないと言い切れます。

何故なら、「手際が悪い」は、評価する人物から見て仕事ができていないというだけで、再度それを評価するものが「手際が悪い」と言われた側に移れば、平気で相手側は部長や君よりマシなどといい部長側と君と言われた側の方が仕事ができていないと言い出すわけです。

そうならないためにも、安易に仕事の要領が悪いということを言い出すのは控えるのが望ましく、万が一にも仕事の要領が悪いと言い出せば、評価を受けたものは反旗を翻してくることを自覚することが重要であると言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典