スポンサーリンク

「才気煥発」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「才気煥発」とは?四文字熟語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「才気煥発」【さいきかんぱつ】の意味や使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「才気煥発」とは?意味

「才気煥発」【さいきかんぱつ】とは、人にはない才能を持ち、外に溢れ出すという意味があります。

自分が持つ才能を人前で輝かせることで優れた回答したり、人にはない素晴らしい作品を生み出せます。

その恵まれた頭脳を活発化させることで驚くような才能を見せることもあり、職場では会計能力を発揮したり、驚くほどの読解力で頼りにされるなど人のために役立つことになるのが「才気煥発」を持つ者の素晴らしさです。

「才気煥発」の概要

才能溢れる人がその能力を活かし、意欲的に行動することを「才気煥発する」と言い表しますが、生まれ持ったその能力を惜しげもなく発揮してはクラスでも1位の成績をおさめたり、スポーツでは県大会にまで出るほど運動能力を発揮したとき、人は驚き、感極まります。

中には飛びぬけた才能を持つ人を尊敬し、憧れを抱くこともありますが、そのような者は周囲を魅了し、好意を持たれるとき「才気煥発を現す天才」と言い、尊敬するわけです。

この「才気煥発」な人も自分ではその類まれな能力を持っていることに気が付かないでいる場合、周囲が刺激を与えればふと凡人にはない発想してみたり、行動を起こすこともあり、周囲を驚かせます。

「才気煥発」の言葉の使い方や使われ方

人にはない才能があり、それを開花させては物事に取り掛かり、成功させる人を「才気煥発で素晴らしい」と褒めるときに使います。

人並み以上に素晴らしい行動ができ、独創的で個性的な物が作れる人も「才気煥発で羨ましい」と人が尊敬する意味を伝えられる言葉です。

まわりの人と比べると飛びぬけた才能がある人は魅力的ですし、光り輝くように見えますので、「あなたは才気煥発で羨ましい」と思う気持ちを伝えたいときにも使われています。

反対に、「私は才気煥発ではない」と自分に才能がなく、引け目を感じている人間であるところが悔しいと思う人は、自分の情けなさは残念な気持ちを人に伝えられます。

この言葉は主に人を褒めたり、尊敬するなどいい意味で使われている言葉ですが、反対に「あの人は才気煥発ではないところが残念だ」と相手に能力がないさまを揶揄するときにも使われています。

「才気煥発」を使った例文

・『新入社員の才気煥発によって難しい仕事も問題なく片付く』
・『私が彼氏を選んだ理由は才気煥発であったから』
・『どうも私は人よりも才気煥発ではないことを苦にして、自分から進んで物事ができない』
職場では才能溢れる人がいれば仕事も捗りますし、質のいいものができるのが魅力的です。

そんな人と付き合えたなら、刺激を受けていい発想ができたり、人としても成長するでしょう。

しかし、自分が才能ない人間であることに悩む人はそれを苦にして、自分から「私にやらせてください」と積極的になれないのが残念なところです。

まとめ

とても素晴らしい能力を持ち、人前で発揮することで職場でも斬新な商品を生み出したり、他の人が発想できなかった革新的なことに挑戦する努力を惜しまない「才気煥発」な人はいがいと近くにいるものです。

もしも本人が周囲にはない才能に気づいていないようなときは、周囲がうまく引き出せる方法を考えてあげるのもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
四文字熟語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典