「打ち合わせ」と「面談」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「打ち合わせ」と「面談」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「打ち合わせ」「面談」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「打ち合わせ」とは?

「打ち合わせ」の意味と使い方について紹介します。

「打ち合わせ」の意味

「打ち合わせ」「うちあわせ」と読みます。

意味は「前もって相談すること」「洋服の前みごろのあわせ部分」「雅楽で打楽器のみの合奏」「和楽で旋律を少しずらして合奏すること、または違う2曲を合奏すること」「能で両手を前ではたく形のこと」などの意味があります。

「打ち合わせ」の使い方

「打ち合わせ」には複数の意味がありますが、日常で使われる時には「前もって相談すること」という意味が多くなります。

ビジネスで関係者が集まって話す時に使われ、「会議」と似ていますが、「前もって話しておくこと」「情報を共有する為に集まること」を表します。

また、「打ち」「ちょっと」という意味があり、「会議」よりも短時間で、場所も会議室を予約することもあれば、空いたスペースやカフェなどで行うこともあります。

「面談」とは?

「面談」の意味と使い方について紹介します。

「面談」の意味

「面談」「めんだん」と読みます。

意味は「会って直接話すこと」です。

「面談」の使い方

「面談」は、相手と会って直接話し合うことを言います。

基本的に1対1の時に使われ、対等な立場で話し合いをすることを表します。

話す内容が決まっていることもあれば、相手の現在の近況を知るためだったり、悩み事を相談することもあります。

ビジネスでは、上司と部下が、仕事における目標設定や達成度などを確認したり、相談に乗ったりする時に使われます。

公式な面会ではなく、身内、やプライベートな内容を話し合う時に使われることが多くなります。

「打ち合わせ」と「面談」の違い!

「打ち合わせ」「前もって相談すること」です。

「面談」「相手と会って直接話し合うこと」です。

まとめ

今回は「打ち合わせ」「面談」の違いをお伝えしました。

「打ち合わせは前もって相談」「面談は会って話す」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典