「打席」と「打数」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「打席」と「打数」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「打席」「打数」の違いを分かりやすく説明していきます。

「打席」とは?

「打席」の意味と概要について紹介します。

「打席」の意味

「打席」「だせき」と読みます。

意味は「野球において、打者が立つ場所のこと、バッターボックス」「バッターボックスに入った打者が、アウトとなるか、塁に達した場合の記録のこと」です。

「打席」の概要

「打席」には以下の2つの意味があります。

1つ目は、野球において打者がピッチャーの投球を打つ為に立つ、一定のポジションのことで、「バッターボックス」とも呼ばれています。

「バッターボックス」は、ホームベースをはさんだ長方形のラインで囲まれている範囲で、バッターの利き腕により右打席、左打席があります。

2つ目は、「打席数」とも言い、打者がバッターボックスに入り、アウトになったり、ヒットを打ったりした記録のことです。

打者がバッターボックスに入っても「打席」がカウントされないのは、「打席」途中で代打が出たり、盗塁や県制に失敗してチェンジになった場合、相手のミスによりサヨナラ勝ちしてしまった時、そして悪天候によりコールドゲームになった場合です。

「打数」とは?

「打数」の意味と概要について紹介します。

「打数」の意味

「打数」「だすう」と読みます。

意味は「野球において、打席数からフォアボール、送りバント、犠牲フライ、打撃妨害、走塁妨害の数を除いたもの」のことです。

「打数」の概要

「打数」は、野球で選手の打撃成績を比較する為に使われる記録のことを言います。

計算方法は「打席数」から「フォアボール(四死球)-犠打(送りバント)-犠飛(犠牲フライ)-打撃妨害-走塁妨害」を引いたものです。

「打数」が高いほど、安定してヒットを打つバッターということになります。

「打席」と「打数」の違い!

「打席」「野球において、打者が立つ場所のこと、またはその記録」です。

「打数」「球で選手の打撃成績を比較する為に使われる記録」です。

まとめ

今回は「打席」「打数」の違いをお伝えしました。

「打席はバッターボックス」「打数は打撃の成績」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典