スポンサーリンク

「払拭」と「一掃」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「払拭」と「一掃」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「払拭」「一掃」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「払拭」とは?

単純な意味で言えば、汚れたものをきれいにする、汚れを取り除く、といった意味の「払拭」

ただ、そう単純な意味で用いられる言葉ではなく、多くの場合、「払拭」は、自分にとっての悪いイメージを消し去る、疑いを消し去る、疑惑を消し去る、事実ではないことを消し去る、といった意味が主な意味となります。

「払拭」は、目に見えた状態をきれいにするという意味だけではなく、気持ちの中にある、精神的に滅入ってしまっているようなことにおいて、きれいに取り除くといった意味が主に用いられる「払拭」の意味となります。

このように聞くと、「払拭」はマイナスのイメージかと思われますが、「払拭」することで、気持ちが晴れやかになるため、プラスのイメージを持つ言葉と言えます。

「払拭」の使い方

「払拭」の使い方としては、「払拭する」「払拭できない」「払拭される」「払拭したい」などの前に言葉を付け加え、「疑惑を払拭する」など、精神的に良くない意味を持つ言葉のあとに付け加え使用する使い方が多くなります。

「一掃」とは?

すべて、一度に、一気に、といった範囲で、消し去る、払い除ける、といった意味で用いられるのが「一掃」です。

何も残すことなくすべて失くすといった意味が強い言葉となります。

また、「一掃」の場合、「払拭」のように対象物が精神面といった抽象的なものではなく、対象物が具体的なものに対し用いられる点が特徴です。

「一掃」の使い方

「一掃」の使い方としては、「在庫一掃セール」をはじめ、「経営陣を一掃する」「古い風習を一掃する」などといった言葉のほか、「一掃する」「一掃した」といった使い方があります。

「払拭」と「一掃」の違い

はじめに、「払拭」「一掃」では、用いることができる範囲が異なります。

「払拭」よりも「一掃」の方が広い範囲で使用することが可能です。

また、対象物において明確な違いがあり、「払拭」の対象物が抽象的なものに対し、「一掃」は具体的なものに対し用いる言葉となるため注意が必要です。

「払拭」の例文

・『先生に対する不信感を何とか払拭しなければいけないと思う。』
・『彼に与えた自分の悪いイメージを何としても払拭したい。』
・『一度持たれた疑惑を払拭することは非常に難しい。』
・『不安な気持ちを払拭するには、努力が必要です。』

「一掃」の例文

・『お気に入りのお店が在庫一掃セールを行うと聞いて楽しみです。』
・『息子が走者一掃のヒットを打った時は、とても嬉しかった。』
・『社内の悪い風習を若い社員の力で一掃したいと思っています。』
・『不安な気持ちを一掃するため、必死に勉強しました。』

まとめ

「払拭」「一掃」には、使用範囲の違いや対象物の違いなどが明確にあります。

そのため、何を対象物としているのか、どのような範囲で用いる言葉なのか、などを考えたうえで使い分けを行い正しい使用が必要な言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典