「批判」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「批判」とは?

何かを「批判」するという事は、みなさんの日常生活においても普通の事になっているのではないでしょうか。

「批判」「ひはん」と読みますが、読めない人がほとんどいないくらい「批判」という言葉は、一般的に浸透している言葉です。

今日もテレビやネットニュースを読んで、何かに対する「批判」が思い浮かんだかもしれません。

一方で「批判」という言葉は知っているけれど、詳しい意味は分からないという人もいると思います。

そこで今さら人に聞けない言葉、「批判」の意味や使い方を紹介します。

「批判」の意味

「批判」には、主に二つの意味があり、一つ目が「物事を検討し、判定評価する事」という意味です。

この場合の「批判」には、それほどネガティブな意味はありません。

二つ目の意味が「人の言動の誤りを指摘する事」さらに「正すべきだと論じる事」という意味があります。

現在、どちらの意味で「批判」という言葉が使われるかと言えば、後者の意味の方が多いでしょう。

ほとんどの場合、「批判」「○○を批判する」とうような、人や誰かの行為、言動や仕事ぶりの欠点を指摘する時に使われます。

このように「批判」は、主に「人の言動の誤りを指摘し、正すべきだと論じる」という意味があります。

「批判」の言葉の使い方

「批判」という言葉をどのように使えばいいでしょうか。

誰かの言動や会社や出来事に対して、「この欠点は正すべきだ」と思った時に、「批判」という言葉を使ってみましょう。

また誰かが他者の欠点を指摘し、その欠点を正すべきだと主張しているのを見た時に、「批判」を使ってみましょう。

例えば同じ会社に勤める同僚が、政府の経済政策に文句を言い、もっとこうするべきだという意見を言っていたら、「同僚が政府を『批判』している」という文相にする事ができます。

また誰かに「あなたは間違っているから、こうするべきだと思う」と言われた時は、「○○さんに『批判』された」と言う事ができます。

「批判」を使った例文

次に「批判」

という言葉を使った例文を見て行きましょう。

様々な場面における、「批判」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを学びましょう。

「批判」の例文1

「『批判』されるのを覚悟で、私は自分のやり方を通した」

この例文に登場する人は、何か新しい事を始めたり、過去の例にない事をすると、必ず誰かに「批判」される事を知っています。

その上で覚悟を決めて、自分のやり方を信じる事にした意志の強さを感じます。

「批判」は当たっている場合もありますが、当たっていない事も多いものです。

すべての「批判」に対して反応していたら、自分なりの方法を試す事はできないでしょう。

「批判」の例文2

「なぜか『批判』の矛先が自分に向いた」

この例文のように、「批判の矛先」という定型句のように良く使うフレーズがあります。

「批判の矛先が○○に向けられる」という場合は、○○が攻撃対象になったという意味でもあります。

本来は責任を負うべき立場ではないのに、周囲の周到なやり方でスケープゴートのような扱いを受けてしまう事があります。

「批判」の例文3

「私が浮気をしてから、妻が『批判』的な目を向けるようになった」

この例文に使われている「批判的」という言葉も、「批判」という言葉を使った定型句のような言葉です。

また、この例文に登場する男性のように、浮気をするなど、かなり大きな過失を犯してしまうと、しばらくの間「批判的」な目で見られても仕方がないかもしれません。

信用を取り返すためにはそれ相応の時間がかかるからです。

誰かに「批判的」な目で見られてしまっている時、その理由が妥当だと思うならば、いつか見る目を変えてもらえるように信頼を積み重ねるしかないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典