「承諾書」と「同意書」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「承諾書」と「同意書」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「承諾書」「同意書」の違いを分かりやすく説明していきます。

「承諾書」とは?

「承諾書」の意味と使い方について紹介します。

「承諾書」の意味

「承諾書」「しょうだくしょ」と読みます。

意味は「相手の要望に対して承知したという意思表示を証明する書類のこと」です。

「承諾書」の使い方

「承諾書」は、相手から要望などがあった時に「承知しました」と意思表示をしたことを証明する書類を言います。

「承諾」とは、他人から何か依頼されたり、申し入れがあった時に、それを受け入れるという意味です。

ビジネスでは、お互いに記憶違いない様に書面化することが多くなります。

例えば、面接を受けて採用された場合、合格者が会社に対して「その会社に入ることを承知しました」という意味で、「入社承諾書」を提出するのです。

これにより、入社前にやめてしまうことを防げるのです。

「同意書」とは?

「同意書」の意味と使い方について紹介します。

「同意書」の意味

「同意書」「どういしょ」と読みます。

意味は「記載された内容に賛成したことを証明する書類のこと」です。

「同意書」の使い方

「同意書」とは、その書類に記載された内容に賛成したことを証明する書類のことを言います。

例えば、病院で検査を受ける時に「アレルギーなどが起きる可能性があることの説明を受けて検査に賛成する」という意味で「同意書」を提出します。

また、未成年者がアルバイトをしたり、脱毛施術を受けたりする時に「保護者が認めます」と証明する書類に対しても使われます。

「承諾書」と「同意書」の違い!

「承諾書」「相手の要望に対して承知したという意思表示を証明する書類のこと」です。

「同意書」「記載された内容に賛成したことを証明する書類のこと」です。

まとめ

今回は「承諾書」「同意書」の違いをお伝えしました。

「承諾書は受け入れる」「同意書は賛成する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典