「挑みたい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「挑みたい」とは?意味

「挑みたい」には、「戦いやケンカなどを仕掛けたい」「挑戦したい」という意味があります。

また「ある対象に立ち向かいたい」様子を意味します。

「挑みたい」の読み方

「挑みたい」の読み方は、「いどみたい」になります。

「挑みたい」の表現の使い方

「挑みたい」の表現の使い方を紹介します。

「挑みたい」には、「戦いやケンカなどを仕掛けたい」「挑戦したい」という意味があります。

例えば、ケンカに自信がある人は、その学校でいちばんケンカが強いと言われている人にケンカを仕掛けたいと思うかもしれません。

そこで、「学校一ケンカが強い男に、挑みたい」などと「挑みたい」という言葉を使って、心情を表せます。

また「挑みたい」は、「ある対象に立ち向かいたい」様子を意味します。

例えば、わんこそばを食べる時、その店のトップの杯数、そばを食べたいと思うかもしれません。

このような様子を、「わんこそばの過去一位の人に、挑みたい」などと、「挑みたい」を使って説明できます。

「挑みたい」を使った例文や短文など

「挑みたい」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「挑みたい」を使った例文1

「連勝を重ねてきたため、そろそろタイトルマッチに『挑みたい』」

この例文は連勝を重ねてきたボクサーが、そろそろ王者に挑戦する試合をしたいという文章になります。

このように「挑みたい」には、「戦いやケンカなどを仕掛けたい」「挑戦したい」という意味があります。

タイトルマッチに勝てば、チャンピオンという称号を手に入れ、自分が誰よりも強いことを証明できるでしょう。

「挑みたい」を使った例文2

「次の登山では、8000m級の山に『挑みたい』」

この例文は、次回の登山の機会では、8000mを越えるような大きな山に登りたいという意味があります。

このように「挑みたい」「ある対象に立ち向かいたい」様子を意味します。

この場合の対象は、8000m級の山になり、ヒマラヤ山脈のエベレストなどに「挑みたい」と思っていることになります。

「挑みたい」の類語や類義語・言い換え

「挑みたい」の類語や類似を紹介します。

「臨みたい」【のぞみたい】

「臨みたい」「ある事態が起こるようなところに身を置きたい」という意味があります。

「危機に臨みたい」という文章は、「危険なことが起こるようなところに、身を置きたい」という意味があります。

「挑戦」【ちょうせん】

「挑戦」「戦いや試合に挑むこと」を意味します。

また「困難な物事や新しい記録などに立ち向かうこと」を意味します。

「挑みたい」「挑戦したい」という言葉に、言い換えられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典