スポンサーリンク

「振りをする」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「振りをする」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「振りをする」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「振りをする」とは?意味

「振りをする」は、立ち振る舞いをすることで、農業のお仕事であれば、農業のお仕事をしているように振る舞い、装うことです。

なお、「つもり」という言葉がありますが、「振り」「つもり」は似ているようで実は異なりがあり、「振り」は前ぶりがなく、そのように振る舞いますが、「つもり」はそのようにふるまうという計算があって成立します。

つまり、「農業関係者の振りをする」という言葉は、意図などは無く、突如急に農業関係者の振る舞いをすることですが、「農業関係者のつもり」は、農業関係者という部分に自分を装ってまで何かをしないといけないという意図があるのです。

無論、「振りをする」側に意図があってもよいのですが、要は、あくまで自分側に意図があろうと意図を見せずに振る舞うのが「振りをする」で何か裏があると感づかれるのが、「つもり」であるとすれば違いは分かりやすいでしょう。

「振りをする」の概要

「振りをする」の振りという言葉は、人間が行う素振りのことで一目見てそうだろうというようなことを行うことを意味します。

その為、スパイなどはまさに「振りをする」の天才であると言え、意図が見えてしまった場合、スパイ行為がバレていますのでこれは単なる、「つもり」になり、「振りをする」ではないです。

その為、「振りをする」は、相手側に意図がバレてしまってはいけない人間の振る舞いのことを意味するわけです。

「振りをする」の言葉の使い方や使われ方

「振りをする」は、相手側にこちらの意図がバレないよう立ち振る舞いをすることでスパイのような行動をする際に使用します。

「振りをする」を使った例文

・『自動車の期間工の振りをする』
この例は、意図を隠して自動車の期間従業員のようにふるまっているという例です。

例えば、産業スパイなどは、そのお仕事内容や製造されている製品を探るため、従業員を装い内部に侵入しますが、まさにこの例は産業スパイ目的で期間従業員を装っているのです。

無論、スパイであることがバレた場合、追及を受け警察に付き渡される運命なので、「つもり」という意図が見え見えの言葉で状況を表すことはこの例文ではしていません。

まとめ

「振りをする」は、基本原則があたかもない物をあるように見せるということで要はスパイのようにふるまうことであると言えます。

その為、よく○○の振りをしろ、という言葉があり、○○に該当するまねごとをして周囲を欺くのはスパイ行動を円滑に行うが故です。

逆に、「つもりでいる」は相手側に看破されていて、例えば、「自動車整備士のつもりでいる」のケースでは、これは第3者に自動車整備士でいることの意図が見えてしまい自動車整備士ではないことがバレているのです。

ちなみに何故スパイであるとバレるかは簡単で、その道のプロの方であればスパイが手に持っている道具が異なるなどから会社から支給されていない道具で整備士の仕事をしているという情報からスパイだとバレます。

ですので、「振りをする」「つもり」は全く別の言葉であると言い切れます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典