「振り返る」と「思い返す」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「振り返る」と「思い返す」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「振り返る」「思い返す」の違いを分かりやすく説明していきます。

「振り返る」とは?

「振り返る」の意味と使い方について紹介します。

「振り返る」の意味

「振り返る」「ふりかえる」と読みます。

意味は「後ろへ顔を向ける」「過ぎ去ったできごとを思い出す」になります。

「振り返る」の使い方

「振り返る」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「身体をよじって後ろを見る」という意味で、人とすれ違った時に「知り合いだったのでは」と思い、確認する為に後ろを見る行為などに使います。

2つ目は「過去のできごとを思い出す」という意味で、「一年を振り返る」などに使います。

基本的に何かを見る為に身体全体で回る動作を表す言葉で、見ることよりもくるりと回るという意味が強くなります。

「思い返す」とは?

「思い返す」の意味と使い方について紹介します。

「思い返す」の意味

「思い返す」「おもいかえす」と読みます。

意味は「過ぎ去ったことを改めて考える」「考えを改める」になります。

「思い返す」の使い方

「思い返す」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「過ぎ去ったことを思い出し、改めて考える」という意味で、「過去の失敗を思い返す」などに使われます。

2つ目は「考えを改める」という意味で、「計画を実行ギリギリで思い返す」などに使われます。

基本的に、以前経験した出来事を頭の中で思い浮かべて、順序よく再現しながら色々考える時に使います。

自分で意識的に思い出そうとする時の表現です。

「振り返る」と「思い返す」の違い!

「振り返る」「後ろへ顔を向ける」「過ぎ去ったできごとを思い出す」です。

「思い返す」「過ぎ去ったことを改めて考える」「考えを改める」です。

まとめ

今回は「振り返る」「思い返す」の違いをお伝えしました。

「振り返るは過去のことを思い出す」「思い返すは思い出して色々と考える」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典