スポンサーリンク

「掛け布団」と「肌掛け布団」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「掛け布団」と「肌掛け布団」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「掛け布団」「肌掛け布団」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「掛け布団」とは?

「掛け布団」の意味と概要について紹介します。

「掛け布団」の意味

「掛け布団」「かけふとん」と読みます。

意味は「就寝時に身体の上を覆う布団の総称」です。

「掛け布団」の概要

「掛け布団」は、夜時に身体の上を覆う布団の総称です。

布団の厚さや重さ、素材などで名称や使う季節が変わって来ます。

「肌掛け布団」は、夏に使う薄手の「掛け布団」で、ガーゼやタオルケットなど、一枚だけで使えるものを言います。

冬に厚手の「掛け布団」と重ねて使用すると保温性が増します。

「合掛け布団」は、春や秋など、季節の変わり目に使用する「掛け布団」のことで、少し厚みがり、中綿は入っていたり、薄手の羽毛布団のこともあります。

「冬掛け布団」は、冬の寒い時期に使う「掛け布団」で、綿や羽毛、羊毛などがあります。

「肌掛け布団」とは?

「肌掛け布団」の意味と概要について紹介します。

「肌掛け布団」の意味

「肌掛け布団」「はだかけふとん」と読みます。

意味は「掛け布団の一種で、薄手で夏場に使用するもの」です。

「肌掛け布団」の概要

「肌掛け布団」は、「掛け布団」の一種で、薄手で夏場に一枚だけ掛けて寝る布団のことを言います。

冬に保温性を高める為に「掛け布団」と重ねて使用することもあります。

「掛け布団」「肌掛け布団」の違いは厚さと重さだけで、普通の「掛け布団」よりも薄手で軽いものを「肌掛け布団」と呼びます。

素材はガーゼやポリエステル、タオル地、木綿など、肌触りが良いものから、羽毛や綿入りなど、季節の変わり目に体温調節するものもあります。

「掛け布団」と「肌掛け布団」の違い!

「掛け布団」「就寝時に身体の上を覆う布団の総称」です。

「肌掛け布団」「掛け布団の一種で、薄手で夏場に使用するもの」です。

まとめ

今回は「掛け布団」「肌掛け布団」の違いをお伝えしました。

「掛け布団は身体の上に掛ける布団の総称」「肌掛け布団は薄手の掛け布団」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典