スポンサーリンク

「援助」と「支援」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「援助」と「支援」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「援助」「支援」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「援助」とは?

最初に「援助」(えんじょ)の意味をご説明致します。

「援助」とは、困難に陥っている人間に対して、協力することです。

「支援」とは?

次は「支援」の意味を解説していきます。

「支援」の場合は、力を持って助けていくことです。

「援助」と「支援」の違いとは?

ここでは「援助」「支援」の違いについて説明します。

「援助」は、困っている人がいる場合に、手を貸して助けることです。

「支援」の方は、力で助けることになります。

「援助」と「支援」の使い方の違い

この項目においては「援助」「支援」の使い方の違いについて具体的に取り上げます。

「援助」を使うときは、困っている人がおり、助けを必要としている人を助けるときなどに使います。

「支援」の方は、協力や共闘などを持って助けることです。

それでは使い方を見てみます。

前者の場合、「援助できる予算は限りがある」「転んでいる人がいたので、援助したいと思った」です。

後者の方は、「支援艦隊を派遣することに決定しました」「被災地の支援に駆けつけました」という具合の使い方があります。

「援助」や「支援」の英語表記の違い

「援助」を英語にすると、“assistance”になります。

「支援」を英語にしてみますと、“support”です。

それでは例文を書いてみます。

前者“Conducted aid activities in the disaster area”(被災地で援助活動を実施した)
“It is assistance to the extent that it can be assisted”(援助できる範囲での援助です)
後者“Go to support your fleet”(味方艦隊の支援へ行きます)
“It is necessary to secure a base to support”(支援するにも拠点を確保する必要がある)

「援助」を使った例文

ここでは「援助」を使った例文を書いていきます。

・『国をあげて援助する』
・『資金と物資の両面から援助することに決定しました』
・『援助したところ、お礼のメッセージが届いた』
・『応援が援助になるのだ』
・『人々の援助が、こんなにも有難いと感じたことが初めてです』

「支援」を使った例文

最後に「支援」を使った例文を書きます。

・『彼を全面的に支援していく』
・『間接護衛も兼ねて支援部隊を派遣する』
・『支援できるほどの技量を持ったパイロットは少なくなってきた』
・『彼らの活動を支援していこうと思う』
・『支援が必要な地域には、すぐに増援部隊を派遣していきます』

まとめ

まとめは、「援助」とは、困り果てている人がおり、助けが必要と判断できる際に、助けることになります。

「支援」の場合は、力や技術などを持って、助けていくことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典