スポンサーリンク

「擬似乱数」と「乱数」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「擬似乱数」と「乱数」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「擬似乱数」「乱数」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「擬似乱数」とは?

「擬似乱数(ぎじらんすう)」とは、「一見してランダムに発生する乱数に見える数値」を意味しています。

「擬似乱数」というのは、「乱数によく似せている数値ではあるが、厳密には背後で一定の確定的な計算が行われた結果として出力されている数値」のことです。

「擬似乱数」とは、「確定的な計算方法とある程度の過去の数値が分かれば原理的に予測可能な数値」なのです。

「乱数」とは?

「乱数(らんすう)」とは、「サイコロの出る目のように、規則性も確定的な計算方法も持っていないランダムな数値」を意味しています。

「乱数」というのは、「事前に予測することが不可能なランダム値」「ある範囲の数値から無作為に取り出した数値」を意味している数学用語なのです。

ただし完全に予測不可能な「乱数」を生成することは難しく、暗号分野でも「擬似乱数生成器(予測不能に近いが原理的には予測される恐れがある方式)」に頼ることが多くなっています。

「擬似乱数」と「乱数」の違い!

「擬似乱数」「乱数」の違いを、分かりやすく解説します。

「擬似乱数」「乱数」はどちらも「事前に予測することが不可能あるいは至難な数値」を意味していますが、「擬似乱数」というのは「乱数に似せている数字・乱数のように見えるが完全な乱数ではない数値」を意味している違いがあります。

「乱数」「サイコロの目のように規則性・数式を持っていない完全にランダムな数値(事前に予測できない数値)」ですが、「擬似乱数」のほうは「一見して乱数に見えるが、その背後で確定的な計算が行われている数値(方法と過去の数値が分かれば予測可能な数値)」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「擬似乱数」「乱数」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「擬似乱数」とは「乱数のように見えるが、実際には簡単には分からない確定的な計算によって求めている数値(完全に予測不能ではない数値)」を意味していて、「乱数」「サイコロの出る目のように規則性がなくて事前に予測不能な数値・ランダム値」を意味している違いがあります。

「擬似乱数」「乱数」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典