スポンサーリンク

「支社長」と「支店長」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「支社長」と「支店長」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「支社長」「支店長」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「支社長」とは?

「支社長(ししゃちょう)」とは、「企業の本社から分かれて設けられた一定の独立性がある事業所である支社の最高責任者(トップ)」のことを意味しています。

「支社長」はその地域全体を統括している支社のトップの役職であり、「支社長」というのは支社における「取締役」に該当する高い役職になっています。

本社にとって重要度の高い支社の「支社長」には、本社の「取締役・監査役などの役員」が就任することもあります。

「支店長」とは?

「支店長(してんちょう)」とは、「企業の支社が管轄している支店(営業店舗・営業所)の最高責任者(トップ)」のことを意味しています。

「支店長」はその地域全体を統括する支社長と比べると、管轄している区域が狭くて権限も小さくなっています。

「支店長」の役職に本社の取締役などの役員が就くことはなく、「支店長」には「部長級・課長級の人材」が当てられることが多くなっています。

「支社長」と「支店長」の違い!

「支社長」「支店長」の違いを、分かりやすく解説します。

「支社長」「支店長」はどちらも「本社から分かれて設けられている事業所・営業所のトップ(最高責任者)」を意味していますが、一般的な企業においては「支社長」のほうが「支店長」よりも職位・権限・事業所の規模(従業員の人数)・格が上になるという違いがあります。

「支社長」というのは「本社から分かれて設けられている独立性のある事業所の最高責任者」であり、「支社長」には「取締役などの役員」が就任することもあります。

「支社長」に対して「支店長」「支社が管轄している営業所・店舗の最高責任者」であり、「支店長」の役職・職位は「部長級・課長級」であることが多いという違いを指摘できます。

まとめ

「支社長」「支店長」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「支社長」とは「企業の本社から分かれて設置された事業所である支社の最高責任者」を意味していて、「支店長」「企業の支社が管轄している支店(店舗・営業所)の最高責任者」を意味している違いがあります。

「支社長」「支店長」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典