スポンサーリンク

「改修」と「改善」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「改修」と「改善」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私たちの身近な中で使われている「改修」「改善」 この2つの言葉の意味は非常に近い解釈があるように思えて厳密に調べていくと、かなり異なる意味があることが見えてきます。

そこでこの記事では「改修」「改善」の違いを分かりやすく説明していくことにいたしましょう。

スポンサーリンク

「改修」とは?

「改修」には、「改め直すこと」あるいは「修理すること」という意味があります。

尚、「改修」の対象となるのは、実際に対象となる物に対してであり、日常生活に中で身近にある家屋(家・ビル・工場・オフィス)であったり、公共インフラの道路などを修理するという意味合いが含まれているのです。

「改修」の使い方

では、実際に「改修」の使い方について考えてみましょう。

前述の通り、対象は建物・道路などで破損・劣化などの修理が必要な場合に「改修」を使うことになります。

例文で使用例を挙げてみると、「家の門が劣化しているので、改修しなくてはならない」

「来週から家の前の道の改修工事が始まるようだ。車でかなり渋滞するだろう」

このように家や道路などの工事で使われることが多い言葉です。

「改善」とは?

続いて「改善」はどのような意味になるのでしょうか?

「改善」「悪い点や劣っている点を改めて良くすること」という意味があります。

「改善」の使い方

「改善」「悪い点を改めて良くする」という解釈になるわけですが、これは問題と思われる点に対して、手を入れて状態を良い方向に持っていく」という意味で理解することができるでしょう。

特に問題点がはっきりしているのであれば、これまでの手法を変えて改良するという意味もでてきます。

例文を挙げてみると「前モデルのパソコンは非常に処理速度が遅いために、CPUを改善してパフォーマンスを高めることに成功した」

「当社の販売管理の仕組みはかなり時代遅れだ。

改善点がかなりあることが分かった」


上記の2つの例文で分かるように、物だけでなく仕組みなどでも悪い点・問題点がある時に「改善」が使われることになります。

「改修」と「改善」の違い

荒ら馬手「改修」「改善」の違いを整理してみましょう。

「改修」とは「悪い箇所や正常な機能を発揮できない部分を直して正常な状態に戻す」という意味になりました。

例文でみるように「改修」は建築物・道路などの人工的な物を対象に使われます。

一方の「改善」は使われる対象が物だけでなく、仕組みや考え方など抽象的な点でも使われることが分かります。

これが「改修」「改善」に大きな違いと言えるでしょう。

まとめ

ここまで「改修」「改善」の意味の違いや使い方などを開設してきました。

私たちの生活や仕事の中でもよく使われる言葉だけで、正しい理解の上で適切なシチューションで用いなければ大きな誤解を生んでしまったり、想定外のトラブルになってしまうこともあります。

ここで説明してきた内容をご理解頂き、日常生活の中で役立ててください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典