スポンサーリンク

「改築」と「リフォーム」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「改築」と「リフォーム」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「改築」「リフォーム」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「改築」とは?

「改築」は、建造物のすべてまたは一部を新しくつくり直すことです。

似たような言葉に「新築」があります。

新築は何もなかったところに新しく建造物を作ることで、「建築」とは意味が異なります。

「改」には、あらためる、前からのものをやめて新たにやりかえるという意味があり、「築」には、きづく、建造物をつくるという意味があります。

このことからもわかるように、「改築」は前からの建造物をやめて新たにつくりかえるという意味になります。

法律上は建築物の全部もしくは一部を除去し、規模や構造が著しく異ならない建築物を建てることを意味します。

「リフォーム」とは?

「リフォーム」は、手を加え改良すること、作り直すことです。

衣類を仕立て直すことにも、建物の改装にも使用される言葉です。

「改装」は、建物の内部や外の構えを直すことを意味します。

「リフォーム」に似た言葉に「リノベーション」があります。

リノベーションは、すでにある建物に新たに機能や価値を加える改装工事のことを指します。

「リフォーム」の場合は、不都合な部分を改装したり、修復することです。

「改築」と「リフォーム」の違い

「改築」「リフォーム」は、日常的には同じ意味で使用されている言葉です。

まとめ

法律上は「改築」「リフォーム」は異なるのですが、日常的には同じ意味で使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典