「教育格差」と「学力格差」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「教育格差」と「学力格差」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「教育格差」「学力格差」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「教育格差」とは?

「教育格差」とは、生まれ育った環境によって、受けられる教育に差があることを言います。

例えば、家が裕福で教育熱心な親の元に育つのと、家が貧しく、また教育に対して関心のない親の元に育つのでは「教育環境」に大きな差が出てきます。

また、地域、学校も少なからず「教育格差」に関係はあります。

いわゆる「荒れている学校」「学級崩壊」などが起こっていますと、勉強に集中できる環境ではなくなりますので、他の学校との「教育格差」が出てきてしまうのです。

「学力格差」とは?

「学力格差」とは、同年代においての「学力」の差という意味にあります。

理解度、成績、進学状況といったものは「学力格差」と言えるでしょう。

「学力格差」が出てくる原因としては、家庭における教育力の違いがあげられます。

しかし、教育に熱心なあまり「教育虐待」に繋がるという問題もありますので、必ずしも成績が良いから家庭内での教育が良いと決めるわけにもいきません。

また家庭内で十分にお金をかけた教育(塾、習い事など)をしたとしても、本人のやる気がなければ「学力格差」として、他と差がつくこともあります。

「教育格差」と「学力格差」の違い!

「教育格差」「学力格差」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は関係性があり、セットとして覚えておくことをおすすめします。

「教育格差」とは、生まれ育った環境による受けられる教育に格差が出ることを言います。

これは本人の問題ではないことが多いとなります。

一方の「学力格差」「教育格差」によって出てくる問題とも言えるでしょう。

同年代における学力の格差という意味になります。

家庭の教育力、経済力、本人をとりまく環境、地域、学校など様々な原因が考えられます。

「教育格差」は本人にはどうすることもできないことが原因とも言えますが「学力格差」の場合は、本人の努力、工夫によって乗り超えられる場合もあるというのが違いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「教育格差」「学力格差」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも、何とかして解決して、良い方向へ導いていくことが大事と言えます。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典