スポンサーリンク

「教育熱心」と「教育虐待」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「教育熱心」と「教育虐待」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「教育熱心」「教育虐待」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「教育熱心」とは?

「教育熱心」の意味と概要について紹介します。

「教育熱心」の意味

「教育熱心」「きょういくねっしん」と読みます。

意味は「親が子供の勉強やしつけに一生懸命携わること」です。

「教育熱心」の概要

「教育熱心」は、親が子供の勉強やしつけに一生懸命携わり、少しでも良い将来性を見出そうとすることを言います。

子供が将来受験で苦しんだり、社会に出て苦労しない様に、小さい頃から様々な知識や技術を身に付けさせます。

塾や習い事の為にお金がかかっても、未来への投資だと思い苦になりません。

ただ勉強を押し付けるのではなく、子供が興味を持つことは積極的に応援して、能力を伸ばしてあげようとするのが特徴です。

PTAや部活などにも熱心に参加して、周囲の情報や協力を得る活動も惜しみません。

「教育虐待」とは?

「教育虐待」の意味と概要について紹介します。

「教育虐待」の意味

「教育虐待」「きょういくぎゃくたい」と読みます。

意味は、「親が子供に過度な期待を寄せ過ぎてしまい、勉強やしつけの度が過ぎてしまうことで子供に対して精神的な苦痛を与えつづけること」です。

「教育虐待」の概要

「教育虐待」は、親が子供に過度な期待を寄せ過ぎてしまい、子供の能力を超える勉強をさせたり、厳しくしつけすぎたりして、子供に精神的な苦痛を与えつづけることをいいます。

子供が嫌だと言っても無理矢理塾に通わせたり、やりたいことをやらせてあげずに親が一方的に塾や習い事のスケジュールを決めてしまうことなどがあります。

子供の能力に目を向けずに、親の理想やエゴを押し付ける行為です。

「教育熱心」と「教育虐待」の違い!

「教育熱心」「親が子供の勉強やしつけに一生懸命携わること」です。

「教育虐待」「親からの勉強やしつけの度が過ぎてしまい、子供に精神的な苦痛を与えつづけること」です。

まとめ

今回は「教育熱心」「教育虐待」の違いをお伝えしました。

「教育熱心は子供の才能をのばす」「教育虐待は子供に苦痛を与える」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典