スポンサーリンク

「散策」と「探索」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「散策」と「探索」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「散策」「探索」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「散策」とは?

「散策」の意味と使い方について紹介します。

「散策」の意味

「散策」「さんさく」と読みます。

意味は「これといった目的もなく、ぶらぶら歩くこと」です。

「散策」の使い方

「散策」は、外出して特に目的もなくぶらぶらと歩くことを言います。

何かをする、どこかへ行く、などを決めずに、自由気ままに歩き回る時の表現です。

似た意味の言葉に「散歩」がありますが、こちらは「歩」という漢字が付くことから「歩くことがメインでぶらぶらすること」というニュアンスです。

「散策」は、「景色や雰囲気を楽しむのがメインでらぶらぶらすること」というニュアンスで、「野山を散策する」「街中を散策する」などに使われます。

尚、ウォーキングは健康目的ですので、「散策」とは言いません。

「探索」とは?

「探索」の意味と使い方について紹介します。

「探索」の意味

「探索」「たんさく」と読みます。

意味は「未知の事柄などを見聞きして調べる求めること」「罪人の行方や罪状などを見聞きして調べ求めること」です。

「探索」の使い方

「探索」は、分からないいことを、みずから見聞きして調べ求めることを言います。

不明な点があった時に、直接その場所に行ったり、資料を調べたりして調べてはっきりさせることを言います。

似た様な言葉に「探査」がありますが、こちらは「道の事柄を探り求める」という意味で、「必ず結果を明らかにする必要はない」というニュアンスがあります。

「探索」「調べてはっきりさせる」までを含みます。

「散策」と「探索」の違い!

「散策」「特に目的もなくぶらぶらと歩くこと」です。

「探索」「未知の事柄などを見聞きして調べ求めること」です。

まとめ

今回は「散策」「探索」の違いをお伝えしました。

「散策はぶらぶら歩く」「探索は調べ求める」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典