スポンサーリンク

「敬遠」と「申告敬遠」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「敬遠」と「申告敬遠」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「敬遠」「申告敬遠」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「敬遠」とは?

「敬遠」は、野球の仕組みに取り入れられているフォアボールを出すことを選択するという選択肢を選んだことを意味します。

この時、ピッチャーはボールを投げて一応フォアボールであるボールを4回とるのが望ましいスタイルになるのですが中には、フォアボールであるコースを打ち抜くバッターも存在しており、そうした場合、残念ながら、「敬遠」は成立しません。

「敬遠」の使い方

「敬遠」は一種の逃げの方法で、ホームランなどの強打を有効とするバッターに対してあえて打たせないという選択をピッチャーが選ぶことで成立する行為です。

逆を言えば、このバッターは、投手である自分に対してヒットを取ることができないであろうと投手が推測すれば、あえて逃げる選択をせず、立ち向かうことも可能です。

なお逃げた場合は、フォアボールが適応され、バッターは塁に出ますし、塁にバッターがいる場合、別の塁に移動しますので、デメリットとしては点数を与える要因を作ることでもあります。

「申告敬遠」とは?

「申告敬遠」は、2018年ごろにプロ野球で導入された仕組みで、パワーヒッターに対しフォアボールを出すことを申告さえすれば、それを認め、バッターを出塁させることができる仕組みです。

この仕組みは、敬遠球を打つものが少なからず存在するため、それを防ぐには、申告すればルール上、フォアボールを出すことが認められているというルールを逆手に取り生まれました。

この仕組みを利用すれば、無理にヒットを出すタイプのバッターに対して戦略上、逃げではありますが、ホームランなどを撃たれる要素を減らすことができるのです。

「申告敬遠」の使い方

「申告敬遠」は、ヒットやホームランを打たれるリスクを減らす逃げ優先の戦略として使用します。

逃げること前提ですので、ヒットを打たれてだらだらと得点を与えるよりも出塁させた方が得である場合使用する戦略です。

「敬遠」と「申告敬遠」の違い

「申告敬遠」は絶対に成立する相手を出塁させ逃げることができる方法で、「敬遠」は実は撃たれるリスクがあり、ホームランが可能なフォアボールになります。

その為、絶対に安全を期する場合、「申告敬遠」を選択するので違いは、安全性です。

まとめ

「申告敬遠」は、ルール上フォアボールで打者を出塁させておきたいだけなのに、中には打者がフォアボールであってもお構いなしにヒットやホームランを打つことがあるが故生まれた絶対に適応されるフォアボールです。

この仕組みは2018年に生まれ、「敬遠」と異なる点は、完全に意図的に相手を出塁させてしまおうという逃げの先方である点が露骨に表れていることです。

ただ、スポーツにおいて実はこのような戦略が適応されることは多く、F1スポーツなどもわざと遅く走りファーストマシーンがセカンドマシーンの先頭を走るよう戦略を練ることがあり、F1の場合はタイヤの消耗などを考慮し、ファーストマシーンを優先するためにわざとセカンドマシーンは遅く走るという戦略を取ることがあるため、プロ野球でこのような意図的な戦略があっても問題はないと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典