スポンサーリンク

「数学Ⅰ」と「数学ⅠA」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「数学Ⅰ」と「数学ⅠA」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「数学Ⅰ」「数学ⅠA」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「数学Ⅰ」とは?

「数学Ⅰ」とは、「方程式を使う関数を中心とした高校の数学の必修科目」を意味しています。

「数学Ⅰ」の分野を構成している内容は、「数と式」「図形と計量」「二次関数」「データの分析」になります。

「数学ⅠA」とは?

「数学ⅠA」とは、「数学Ⅰ(高校の数学の必修科目)+数学A(必修ではないが難関大学受験にはほぼ必要になる科目)」を意味しています。

「数学A」は学校・生徒によって学ぶ人と学ばない人が分かれてきますが、「数学A」「数学Ⅰ」の後に履修したり「数学Ⅰ」と同時に履修したりします。

「数学A」の分野を構成している内容は、「場合の数と確率」「整数の性質」「図形の性質」になりますが、高校ではこの3項目のうち2項目を選択履修します。

「数学Ⅰ」と「数学ⅠA」の違い!

「数学Ⅰ」「数学ⅠA」の違いを、分かりやすく解説します。

「数学Ⅰ」「数学ⅠA」はどちらも「高校で習う数学の科目」を意味していますが、必修科目になっているのは「数学Ⅰ」だけです。

「数学ⅠAの数学A」のほうは、学校によって授業をする場合としない場合に分かれますが、難関大学を受験する生徒は受験科目に指定されている「数学A」も勉強しておく必要がある違いがあります。

「数学Ⅰ」とは「関数を中心とした高校の数学の必修科目」を意味していて、「数学ⅠA」のほうは「数学Ⅰ+数学A(幾何学・統計学を中心とした、数学Ⅰと並行履修する科目)」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「数学Ⅰ」「数学ⅠA」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「数学Ⅰ」とは「方程式などを扱う関数を中心とした高校の数学の必修科目」を意味していて、「数学ⅠA」「数学Ⅰ+数学A」「数学Aとは幾何学・統計学を中心とした、数学Ⅰとの並行履修または数学Ⅰを履修した後に履修する科目」を意味している違いがあります。

「数学Ⅰ」「数学ⅠA」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典