「日々」と「毎日」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「日々」と「毎日」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「日々」「毎日」の違いを分かりやすく説明していきます。

「日々」とは?

「日々(ひび)」とは、「一日一日・毎日・連日・日ごと・いつの日も欠かさず」を意味している言葉です。

「日々」という表現は、基本的に「毎日」の同義語として解釈することができますが、文語体(書き言葉)として使われることが多い特徴を持っています。

「日々」には、「去る者は日々に疎し(近くにいなくなった者・死んだ者との縁は必然に薄れてしまうということ)」「日々是好日(毎日が良い日であるという禅語)」といった独自の慣用句的な表現があります。

「毎日」とは?

「毎日(まいにち)」とは、「一日一日・日々・連日・どんな日も(どの日も例外なく)」を意味している言葉です。

「毎日」の言葉は、基本的に「日々」の同義語として解釈することが可能ですが、口語体(書き言葉)としての用例が多いという特徴を持っています。

例えば、「毎日、朝のジョギングをしています」「毎日の勉強が習慣になりました」などの例文で使用できます。

「日々」と「毎日」の違い!

「日々」「毎日」の違いを、分かりやすく解説します。

「日々」「毎日」もどちらも「一日一日・いつの日も・連日」という意味合いを持っている同義語ですが、それぞれの用法と慣用句的な言い回しに違いがあります。

「日々」というのは「日々、自己研鑽を続けている」のように、「文語体(書き言葉)の表現」として使われやすい表現です。

それに対して「毎日」のほうは、「毎日の運動が日課になっています」のように、「口語体(話し言葉)の表現」として使われやすい違いがあるのです。

また「日々」の言葉には「去る者は日々に疎し」「日々是好日」のような慣用句の表現があり、これらの表現は「毎日」には言い換えられない違いもあります。

まとめ

「日々」「毎日」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「日々」とは「一日一日・連日・日ごと」「毎日と同義語であるが文語体(書き言葉)として使われることが多い表現」を意味していて、「毎日」「一日一日・どんな日も・連日・日々」「日々と同義語であるが口語体(話し言葉)として使われやすい表現」を意味している違いがあります。

「日々」「毎日」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典