スポンサーリンク

「日サロ」と「セルフタンニング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「日サロ」と「セルフタンニング」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「日サロ」「セルフタンニング」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「日サロ」とは?

「日サロ」とは「日焼けサロン」を省略した言葉です。

「日サロ」には日焼けをするためのタンニングマシンが置いてあります。

「タンニング」とは「日焼けすること」という意味です。

タンニングマシンは、肌に紫外線を人工的に照射する機械で、日焼けマシーンとも呼ばれます。

これを用いることにより、肌の色を黒くすることができます。

「セルフタンニング」とは?

「セルフタンニング」は肌を小麦色に染色できる化粧品のことです。

ローションタイプのものが多く、肌に塗って使用します。

紫外線を照射することなく日焼けしたような色の肌を手に入れることができます。

肌の老化リスクが少ないとされ、敏感肌の方にも人気です。

肌のターンオーバーによって色が落ちてしまうので、小麦色をキープするには、一週間に一度程度ローションを塗り直す必要があります。

「日サロ」と「セルフタンニング」の違い

「日サロ」「セルフタンニング」の違いを、分かりやすく解説します。

「日サロ」「セルフタンニング」も、肌の色を黒くするために使われます。

しかし「日サロ」が紫外線を照射することで肌の色を黒くするのに対し、「セルフタンニング」は化粧品の染色によって肌の色を黒くします。

紫外線を用いる「日サロ」にはシミ、そばかすなどの肌老化のリスクがありますが、紫外線を用いない「セルフタンニング」は肌老化のリスクが少ないと考えられています。

まとめ

「日サロ」は紫外線を使い、肌の色を黒くします。

「セルフタンニング」は化粧品の染色効果により、肌の色を黒くします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典