「日常生活」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「日常生活」とは?

「日常生活」とは、ごく普通の毎日の生活のことです。

基本的に毎日繰り返して行う習慣や行動だと考えると分かりやすいでしょう。

よって、イレギュラーとして起こる行事などは含まず、毎日会社に通うことは「日常生活」の内ですが、その会社で旅行やスポーツ大会がある場合、それらは別という扱いです。

「日常生活」の読み方

「日常生活」は、「にちじょうせいかつ」と読んでください。

読み方には特に問題はないと思いますが、先のように、どこまでが「日常」かという点が難しいかも知れません。

「日常」は、「普段」と言い換える言葉できる表現で、それに「生活」と付けることで、ほぼ毎日ルーチンとして行っている生活内容のことという意味となっています。

「日常生活」の表現の使い方

実際に「日常生活」という言葉を見聞きする例で多いのは、「日常生活には支障がない」といった使い方でしょう。

怪我をしたり、病気から回復した時に用いられることが多く、「日常生活」の意味からすると、普段の生活程度であれば、問題なく行うことができるという意味になります。

しかし、それがスポーツ選手だった場合、毎日のトレーニングなどまでそれに含まれてしまいますが、この使い方ではそのようなことは考えず、「生きていく為の毎日の生活」だと解釈してください。

毎日繰り返して行う習慣や行動のことだと書きましたが、使い方によってはこのような例外もあります(極端な例だと考えてください)。

「日常生活」を使った例文と意味を解釈

「日常生活」を使った例文と、その意味の解釈になります。

上のような極端な例は考えずに挙げていきます。

「日常生活」を使った例文1

「そんな高い車は日常生活には必要ないだろう」

車の値段は、それこそピンキリの世界です。

100万円もしない車もあれば、1000万円を超える車もある中で、毎日の生活にはそんな高い車は要らないと使っている例です。

「日常生活」を使った例文2

「日常生活さえまともに送れないほどの金欠状態だ」

お金がなく、毎日の生活にさえ困っていると言っています。

この使い方では、毎日の食費にさえ困っていると解釈していいでしょう。

「日常生活」の類語や類義語

「日常生活」と似た意味で使われることがある言葉です。

そこまで似ている言葉ではありませんが、使い方によっては似通った意味になります。

「衣食住」【いしょくじゅう】

毎日の生活に必要不可欠な要素をまとめた言葉で、これらが揃っていれば最低限の生活は送れると考えていいでしょう。

その為、「日常生活に困るほど~」のような用い方では言い換えとして使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典