スポンサーリンク

「日没」と「日の入り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「日没」と「日の入り」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「日没」「日の入り」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「日没」とは?

「日没」は、太陽が地平線上から消えたことを指します。

なお、太陽そのものは消えておらず、これは地球が自転していて太陽光が全く正反対に移行することで太陽が地平線上から消えたとしているにすぎません。

「日の入り」とは?

「日の入り」は、太陽が地平線下に入り込むことを「日の入り」と呼びます。

逆に、太陽が地平線から出てくることを日の出と呼びます。

「日没」と「日の入り」の違い

「日没」「日の入り」の違いですが、意味は全く同じです。

つまり両者の意味は、太陽が地平線上から消え去ることで地平線下に移行することです。

あえて言うのであれば、没は沈み込むことで、これは太陽が沈みこむとを指しています。

ですが、入りは本来出入り口の入り口に当たるが故、太陽が沈みこむのは出口ではないのかという意見があり、「日の入り」という言葉は反対なのではないかということくらいが違いになります。

「日没」の例文

・『もうすぐ日没だ』 この例は、すぐに日が沈み込みあたりが暗くなるという例です。

「日没」は、実は、季節により地球の自転速度の他、地球の軸の傾き具合の変化などが変化することで太陽が地平線の下に落ちるまでの時間が異なります。

これが日本で言う四季になり、春ごろからだんだんと太陽が沈む時間が長くなり、冬に近づくとだんだんと太陽が沈む時間が早くなるのは、地軸と地球の自転が影響しているためです。

逆を返せば、地軸と地球の自転の影響を受けない場所は年中、太陽が沈む時間が一定となりますが、月の影響を受けることも考えると若干ながら太陽の沈む時間はズレてしまいます。

「日の入り」の例文

・『日の入りはgoogleで調べることができる』
この例は、太陽が完全に沈み込む時間をgoogleで調べることができるという例になります。

何故、そのようなことを調べる必要があるかですが、子供に対して暗くなるまでに帰って来てということを言う場合、時間を指定して言うことができるため、googleであたりが暗くなる時間を調べるのは利点があるのです。

まとめ

「日没」「日の入り」の違ですが、両者の意味は全く同じで両者とも太陽が完全に地平線の下に沈むことです。

ですが、あえて両者に違いを出すのであれば、「日没」は、没とある様に沈み込むことで太陽が沈むことを指しますが、「日の入り」は、どちら側を出入り口とするかによって意味が異なるという違いがあります。

例えば、「日の入り」と呼んでいる太陽が沈む現象は実は日の出なのではという声があり、その理由は、出口に入り込むので張れば、太陽が出口に行くから「日の出」ではという声があり、逆に太陽が出てくるのは入り口から出てくるので「日の入り」ではという声があり、実は言葉の意味が反対ではないかという声がある程度が違いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典