「日程」と「行程」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「日程」と「行程」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「日程」「行程」の違いを分かりやすく説明していきます。

「日程」とは?

「日程」の意味と使い方について紹介します。

「日程」の意味

「日程」「にってい」と読みます。

意味は、「仕事や行事などの、一日または毎日の予定のこと」です。

「日程」の使い方

「日程」は、何かをするためにあらかじめ決められた、一日または毎日の予定のことを言います。

「一日分の予定」「日程」ですが、長期の計画であっても、その日一日分の予定だけを表す時には「日程」を使います。

具体的には「海外旅行の日程」は、数日間、数週間かかりますが、その間の一日ずつの予定のことを表します。

また、個人の仕事などで特に移動がない場合でも、毎日のスケジュールが決まっている時にはその日一日分に対して「日程」を使います。

「行程」とは?

「行程」の意味と使い方について紹介します。

「行程」の意味

「行程」「こうてい」と読みます。

意味は「目的地に着くまでの距離や道のり」「ある目的に達するまでの途中経過を表したもの」「旅行の行動系計画」などになります。

「行程」の使い方

「行程」には幾つかの意味がありますが、主に使われるのは以下の3つです。

1つ目は、「目的地に着くまでの距離や道のり」という意味で「約30キロの行程です」などと使われます。

2つ目は、「ある目的に達するまでの途中経過を表したもの」という意味で、目的を達成するまでのものごとの流れを表した予定のことを言います。

3つ目は「旅行の行動計画」という意味で、「日程」と似ていますが、「目的地に着くまでの時間やその間の行動予定」を表したもののことを言います。

「日程」と「行程」の違い!

「日程」「仕事や行事などの、一日または毎日の予定のこと」です。

「行程」「ある目的に達するまでの距離や予定のこと」です。

まとめ

今回は「日程」「行程」の違いをお伝えしました。

「日程はその日の予定」「行程は目的までの予定」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典