スポンサーリンク

「早急(そうきゅう)」と「早急(さっきゅう)」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「早急(そうきゅう)」と「早急(さっきゅう)」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「早急(そうきゅう)」「早急(さっきゅう)」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「早急(そうきゅう)」とは?

一般的に用いられることになった読み方を意味する「慣用読み」となるのが「早急(そうきゅう)」です。

正しい読み方ではないものの、いつしか、一般的な読み方になったもので、あるデータでは、「早急(そうきゅう)」と読む人が7割を超えています。

理由としては、周りの人も「早急(そうきゅう)」と言っているため違和感なく使用することができる、などとなっています。

また、一般的に用いられる読み方になっているという証として、WindowsでもiPhoneでも「そうきゅう」と入力すれば、「早急(そうきゅう)」とスムーズに変換してくれます。

「早急(さっきゅう)」とは?

本来ならば正しい読み方となる「早急(さっきゅう)」

ただし、残念ながら、最近では「早急(さっきゅう)」と読む人は減少し3割を満たしません。

とは言っても、正しい読み方であることは間違いなく、現にアナウンサーなど正しい読み方を基本としている人は、必ず「早急(さっきゅう)」の読み方を行っています。

時代と共に漢字の読み方は変化することも少なくありません。

その漢字の読み方の変化によって、正しいとされていた「早急(さっきゅう)」という読み方が廃れ、新たに「早急(そうきゅう)」という読み方が一般化し、「早急(さっきゅう)」といった読み方を耳にすることが減少したと言えます。

「早急(そうきゅう)」と「早急(さっきゅう)」の違い

「早急(そうきゅう)」「早急(さっきゅう)」も意味は同じです。

意味は、非常に急いでいる様子、ことを意味し、非常に急いでいる際に用いる言葉となります。

ビジネス用語として用いられることも多く「早急にお返事願います」「早急に対応する」「早急な対処が必要です」などといったような使い方となります。

まったく意味は同じものの、読み方だけが異なる両者。

「早急(そうきゅう)」は、現代で一般化された読み方で、今では7割以上の人が用いている読み方。

一方、「早急(さっきゅう)」は正しい読み方であるものの、「慣用読み」「早急(そうきゅう)」に負け続け、結果、今では3割にも満たない人だけが用いる読み方となってしまいました。

とは言っても、正しい読み方は、「早急(さっきゅう)」であることは間違いありません。

そのため、正しい読み方を行うアナウンサーなどは今でも必ず「早急(さっきゅう)」という読み方を用いています。

まとめ

以上が、「早急(そうきゅう)」「早急(さっきゅう)」の違いです。

どちらも正しい読み方であることは間違いありません。

安心して使用してください。

もちろん、読み方が違っても意味は全く同じです。

ただし、正しい読み方を求められるような場面では「早急(さっきゅう)」を用いるほうが安心です。

そのため、そう言った場面では「早急(さっきゅう)」を選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典