「早退」と「半休」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「早退」と「半休」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「早退」「半休」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「早退」とは?

「早退」の意味と使い方について紹介します。

「早退」の意味

「早退」「そうたい」と読みます。

意味は「会社や学校から、定刻よりも早く帰ること」です。

「早退」の使い方

「早退」は、「早引け」とも呼ばれ、勤務先や学校にいる時に、本来終わる時間よりも早く帰ることを言います。

仕事中や授業中に急に体調が悪くなったり、家族が病気や事故に遭うなどのこともあれば、子供のお迎えや介護など事前に届け出ておくこともあり、帰る時間はその都度違います。

学校の場合は「早退」という記録がありますが、会社の場合は「半休扱い」にしたり、減給になる場合もあります。

「半休」とは?

「半休」の意味と使い方について紹介します。

「半休」の意味

「半休」「はんきゅう」と読みます。

意味は「会社で1日の勤務時間のうち、半分を休むこと」です。

「半休」の使い方

「半休」「半日休暇」を略した言葉で、会社で1日の勤務時間のうち、半日だけ休むことを言います。

午前中は休んで昼から出勤したり、逆に午前中は勤務して昼になったら帰るなどで、その会社における午前・午後の就業時間に合わせます。

基本的に事前申請ですが、二日酔いや寝坊をした時に、遅刻するよりは「半休」を取らせて貰う場合もあります。

有給休暇がある時に0. 5日として小分けに使える会社もありますが、あまり頻繁に利用すると評価が下がってしまう可能性があります。

労働基準法では「半休」という定義はなく、企業により独自に定められている規則です。

「早退」と「半休」の違い!

「早退」「会社や学校から、定刻よりも早く帰ること」です。

「半休」「会社で1日の勤務時間のうち、半分を休むこと」です。

まとめ

今回は「早退」「半休」の違いをお伝えしました。

「早退は早く帰る」「半休は半日休暇」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典