スポンサーリンク

「明るい人」と「暗い人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「明るい人」と「暗い人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「明るい人」「暗い人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「明るい人」とは?

「明るい人」の意味と使い方について紹介します。

「明るい人」の意味

「明るい人」「あかるいひと」と読みます。

意味は「常に前向きにものごとを考えて、自分に自信を持ち、周囲を和ませる雰囲気にできる性格の人」です。

「明るい人」の使い方

「明るい人」は、常に前向きにものごとをとらえて、自分に自信を持って行動ができ、周囲の人を和ませたり、心地いと思わせる性格の人を言います。

初めて会った人とも親しくなれて、笑顔で接するので、相手に安心感を与えます。

悪いことが起きてもすぐに挫折せずに、「いい経験になった」「これをバネに成長しよう」と思うのです。

落ち込むこともありますが、すぐに回復して根に持ちません。

ただし、人の気持ちが理解できなかったり、落ち込んでいる人への接し方が雑などのデメリットもあります。

持って生まれた性格であり、個性の一つですので「良い悪い」では測れませんが、一般的に「明るい人」と言えば良いイメージになります。

「暗い人」とは?

「暗い人」の意味と使い方について紹介します。

「暗い人」の意味

「暗い人」「くらいひと」と読みます。

意味は「ものごとを悲観的に考える傾向があり、自分に自信がなく、人と接することが苦手な人」です。

「暗い人」の使い方

「暗い人」は、ものごとを悲観的にか考える傾向があり、自分に自信がなく、人と和気あいあいと過ごすのが苦手な人のことを言います。

人見知りをしたり、話し下手だったりするので、中々友達ができにくいこともあります。

落ち込むと回復するまで時間がかかり、深みにはまってしまうこともあります。

ただし、神経が細やかで、人の心に寄り添えると言うメリットもあるのです。

こちらも持って生まれた性格ですが、「暗い人」と言えば悪いイメージになります。

「明るい人」と「暗い人」の違い!

「明るい人」「常に前向きにものごとを考えられる人」です。

「暗い人」「常に悲観的にものごとを考える人」です。

まとめ

今回は「明るい人」「暗い人」の違いをお伝えしました。

「明るい人はポジティブ」「暗い人はネガティブ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典