「明日」と「明後日」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「明日」と「明後日」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「明日」「明後日」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「明日」とは?

「明日(あす・あした・みょうにち)」とは、「今日の次の日」「時計が進んでやって来る、深夜0時以降の次の日」のことを意味しています。

「明日」の言葉には「明日があるさ・明日を信じて進む」などの例文で使われるように、「未来に対する希望的な心情・予測・思い入れのニュアンス」もあります。

「明日」は英語で表記すると、「tomorrow」になります。

「明後日」とは?

「明後日(あさって・みょうごにち)」とは、「明日の次の日」のことを意味しています。

「明後日」には、「見当違いなさま・的外れなこと」「向かうべき方向が違っていること・判断を間違っているさま」といった意味合いもあります。

例えば、「明後日の方向に向かって走り始めました」「彼女の意識は明後日の方ばかり見ています」などの文章で使うことができます。

「明後日」は英語で表記すると、“the day after tomorrow”になります。

「明日」と「明後日」の違い!

「明日」「明後日」の違いを、分かりやすく解説します。

「明日」「明後日」はどちらも「日付けに関する言葉」ですが、「明日」というのは「今日の次の日(時間が進んだ午前0時以降の日)」を意味していて、「明後日」のほうは「明日の次の日」のことを意味している違いがあります。

「明日」には「明日を信じる・明日に向かう・明日があるさ」などの文章で使われるように、「未来に対する希望的な予測・心理のニュアンス」を持っていますが、「明後日」にはそういったニュアンスはありません。

逆に「明後日」には「彼の主張は明後日の方角を向いていました」のように、「判断が間違っていて的外れなこと」の意味がありますが、「明日」にはその意味はない違いも指摘できます。

まとめ

「明日」「明後日」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「明日」とは「今日の次に来る日・深夜0時に明日となる」「明日があるなどの希望的な心情・予測のニュアンス」を意味していて、「明後日」「明日の次に来る日」「見当違いなこと・的外れなさま」を意味している違いがあります。

「明日」「明後日」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典