「明石焼き」と「たこ焼き」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「明石焼き」と「たこ焼き」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「明石焼き」「たこ焼き」の違いを分かりやすく説明していきます。

「明石焼き」とは?

「明石焼き(あかしやき)」とは、「卵をたっぷり入れた小麦粉・じん粉・浮き粉の生地を柔らかめに焼いて、タコの具材のみを入れた兵庫県明石市の郷土料理」のことです。

「明石焼き」は兵庫県明石市周辺の地元では、卵が主体のふわふわした生地(柔らかいので球状ではなく平べったい形)であることから「玉子焼き」と呼ばれています。

「明石焼き」「銅板で卵・小麦粉・じん粉の生地を柔らかめに焼き上げる料理」で、「冷たいダシ汁」に浸して少し冷ましてから食べます。

「たこ焼き」とは?

「たこ焼き(たこやき)」とは、「小麦粉の生地にタコと薬味(紅しょうが・ネギ・天かすなど)を入れて、直径約3~5センチのボール状(球状)に焼き上げた日本全国にある郷土料理」のことです。

「たこ焼き」「鉄板でタコ・ネギなどの具材が入った小麦粉の生地を固めに焼き上げる料理」で、「ソース・マヨネーズ・青のり・魚粉」などを塗ったりかけたりして食べます。

「明石焼き」と「たこ焼き」の違い!

「明石焼き」「たこ焼き」の違いを、分かりやすく解説します。

「明石焼き」「たこ焼き」「タコの具材が入った粉ものの料理」という点では共通していますが、「明石焼き」「生地に小麦粉以外の卵・浮き粉・じん粉が使われ具材はタコのみで、ボール状ではない」という特徴があります。

「たこ焼き」のほうは、「小麦粉だけの生地にタコ・天かす・ネギ・紅しょうがなどの具材・薬味を入れて、ボール状に焼き上げる」という「明石焼き」との違いがあります。

「明石焼き」「銅板で焼いて、冷たいダシ汁に浸して食べる兵庫県明石市の郷土料理」ですが、「たこ焼き」「鉄板で焼いて、ソース・マヨネーズを塗って青のり・魚粉をかけて食べる日本全国にある郷土料理」であるという違いも指摘できます。

まとめ

「明石焼き」「たこ焼き」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「明石焼き」とは「玉子焼きとも呼ばれる、卵主体の柔らかい生地に冷たいダシ汁をつけて食べる兵庫県明石市の郷土料理」を意味していて、「たこ焼き」「小麦粉の生地にタコと薬味を入れて直径3~5センチのボール状に焼き上げた料理」を意味している違いがあります。

「明石焼き」「たこ焼き」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典