スポンサーリンク

「昨日の今日」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「昨日の今日」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「昨日の今日」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「昨日の今日」とは?意味

「昨日の今日」とは、その文字通りの意味としては「昨日、そのことが起きてから、まだ1日しか経っていない今日」と言うことです。

すなわち、「まだ1日程度の時間しか経っていないのに」と言ったニュアンスを持つ言葉です。

「昨日の今日」の概要

「昨日の今日」とは「まだ1日程度の時間しか経っていないのに」と言うニュアンスを持つ言葉であり、大きくは3つの使い方がされている言葉です。

まず一つ目は、昨日約束をしたのに、もう今日になると約束を破っているや、昨日の発言と今日の発言がもう違っていると言った意味で使われ場合です。

また二つ目としては、昨日に決め事をしたけれど、そんなに早く決め事を実行できるものではないと弁解的に使われる場合です。

そして三つ目としては、あまりやりたくない事を、昨日行ったのに、また今日もそれを行う必要があると使う場合です。

いずれも、「昨日、そのことが起きてから、まだ1日しか経っていない今日」と言う意味で使われていますが、その内容は大きく違った使い方がされている言葉と言えます。

使い方としては、一つ目に上げた使い方は、よく知られていますが、二つ目と三つ目の使い方は、意外と知られていないように思われます。

次項に記載する使用例も参考に使用の幅を広げられると良いでしょう。

「昨日の今日」の言葉の使い方や使われ方

「昨日の今日」の言葉の使われ方として、前項に一つ目の使用例として『もう2度とこんな悪戯はしないと約束したのに、昨日の今日で、また同じ悪戯を行っている』や『社長の方針が昨日の今日で大きく変わり、とても信用できません。』等と使われます。

また二つ目の使い方例としては、『依頼した仕事が出来たかと上司から問われたけれど、依頼された仕事は昨日の今日で完了するようなものではなく、少し腹立たしさを感じた。』と使われます。

そして三つ目の意味では、『公園の落ち葉を昨日掃除したけれど、風が強かった事で、昨日の今日でまた隣組から掃除の招集が掛かりました。』の様に使われます。

「昨日の今日」の類語や言いかえ

「昨日の今日」は、上記の3つの使われ方で、ニュアンスが異なり、それに合わせて最適な言い換えは異なって来ます。

一つ目の意味の場合には、「約束無視」「首尾一貫しない」等が適切と言え、二つ目の意味では「短期で催促されても」が適切でしょうし、三つ目の意味では「毎日のように」と言い換えるのが良いでしょう。

まとめ

「昨日の今日」とは、その文字通りの意味としては「昨日、そのことが起きてから、まだ1日しか経っていない今日」と言うことです。

すなわち、「まだ1日程度の時間しか経っていないのに」と言ったニュアンスを持つ言葉で、実際の使われ方には色々とある慣用なので、使い方の幅を広げて、豊かな表現を身に付けられると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典