「時」と「とき」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「時」と「とき」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「時」「とき」の違いを分かりやすく説明していきます。

「時」とは?

「時(とき)」とは、「特定できる時間・時刻・時期・時代などを表現する場合に使われる漢字表記」を意味しています。

例えば、「時の流れを感じます・時は金なり・時の首相・時には休みましょう・時は夏・織田信長が生きていた時」といった「特定の時間・時期・時代などを意味している文章」で使うことができます。

「とき」とは?

「とき」とは、「不特定の時を表す時に使われるひらがなの表記」を意味しています。

「とき」のひらがな表記は、「仮定的な条件が二つ重なる場合に、大きな条件に場合を使い、小さな条件にときを使うという用法上のルール」に従う言葉なのです。

そのため、「とき」「~の場合」という言い換えができる文章において使われる特徴があります。

例えば、「いざというときには、勇気を出して行動します」「パソコンを長期間使うときは、定期的に休憩を取りましょう」「私が不在のときは、同僚に伝えておいてください」などの例文において使用することができます。

「時」と「とき」の違い!

「時」「とき」の違いを、分かりやすく解説します。

「時」「とき」は同音の言葉ですが用法に大きな違いがあります。

「時」という漢字の表記は、「特定の時間・時刻・時期・時代などを表す場合に使われる表記」で、「時が経つのを忘れる・時の権力者・時は冬でした・時に従って行動する」などの文章で使われます。

「時」に対して「とき」という平仮名の表記は、「不特定の時を示す場合に使われる表記」であり、特に「仮定的な条件が二つ重なる場合に、大きな条件には場合を使い、小さな条件にはときを使う」という用法の決め事がある違いを指摘できます。

「とき」の表記は「~の場合」という言い換えができる時に使われる表記であるという「時」との違いがあるのです。

まとめ

「時」「とき」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「時」とは「時間・時刻・時期・時代などを示す場合に使われる表記」を意味していて、「とき」「不特定の時を示す場合に使われる表記」「~のときのように、仮定的条件が二つ重なる場合に小さな条件において使われる表記」を意味している違いがあります。

「時」「とき」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典