スポンサーリンク

「時代」と「次代」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「時代」と「次代」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふと目にした熟語の違いが分からず、頭を抱えてしまうこともあります。

この記事では、「時代」「次代」の違いを分かりやすく説明していきます。

日本語力をつけていきましょう。

スポンサーリンク

「時代」とは?

時代(じだい)とは、歴史的なまとまりのこと。

気の遠くなるような、長い時間の束のことです。

国のこれまでの歩みを知るために、用いられます。

時代は「時の代」と書きます。

「代」という漢字には、期間という意味があります。

王さまが統治していた月日というニュアンスも含まれています。

時代があることによって、過去から現在までを順序立てることができます。

そしてどんなリーダーがいて、どんな政治がおこなわれていたのか。

その特徴を追っていけます。

使い方としては「弥生時代についてレポートを書く」「戦時中の時代背景をしらべる」「昔の時代を思わせる、レトロな建物」などがあります。

大昔や過去を調べるときに、用いる表現です。

「次代」とは?

次代(じだい)とは、次の代のこと。

これから訪れる、次の時代をあらわします。

「子どもや孫の代」という意味で使われることもあります。

次代は文字通り「次の代」とあらわします。

代というのは「主が活躍している期間のこと」

つまり次代というのは「次の主になった、あたらしい時代」のこと。

今の時代のあとにやって来る、輝かしい未来を指しています。

具体的な用い方としては「新入社員に次代を担うための、研修会を準備した」「次代のリーダー」そして「次代に残したい教訓」などがあります。

ちなみに「次代を担う」とは、次の世代としての責任をまっとうすることです。

「時代」と「次代」の違い

どちらも「代」が付いているので、使い分けに苦慮します。

「時代」「次代」の違いを、分かりやすく解説します。

・過去は「時代」未来は「次代」
どちらも「じだい」と読めるため、聴いただけでは判断できないこともあります。

社会の授業などで用いられるのは「時代」

時代とは鎌倉時代や江戸時代にあらわされる、長い年月のまとまりのこと。

それに対して「次代」というのは、次の世代。

若い世代のことをあらわします。

これからやって来る未来のことを「次代」と呼びます。

そのため単純に昔のこと、過去について話しているときは「時代」を。

未来について話しているときは「次代」をチョイスしておくと良いでしょう。

日常でよく使われるのは「時代」

あまり使用頻度が多くはないのが「次代」です。

まとめ

「時代」「次代」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも「じだい」と読む熟語です。

時代は弥生時代や室町時代のような、長い年月のまとまりのこと。

次代は次世代つまり、次の代のことです。

時代は過去を調べたり、昔を懐かしく思ったりする時によく用います。

また次代は年長者が若者に対して、期待をこめる時に使います。

時代と次代の違いをおさえて、日々の生活に活かしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典