スポンサーリンク

「書き込む」と「書く」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「書き込む」と「書く」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「書き込む」「書く」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「書き込む」とは?

「書き込む」「かきこむ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「狭い場所に文字や符号などを書いて加えること」という意味で、文章の余白などに小さめに文字などを後から加えることを言います。

2つ目は「フォーマットに文字や文を記入する」という意味で、定められた場所に必要事項を記入することを言います。

3つ目は「隅々まで考えて表現する」という意味で、小説や物語などで細かく心理や情景を描写することを言います。

4つ目は「コンピュータ用語で、データを記憶させること」という意味で、データをHDDやメディアなどに移すことを言います。

上記に共通するのは「中に記す」という意味です。

「書き込む」は動詞「書く」の連用形と「込む」が組み合わさった言葉で、「込む」「中に入れる」という意味、「書き込む」「あるものの中に書いて入れること」になります。

「書き込む」の使い方

「書き込む」「狭い場所に文字や符号などを書いて加えること」「フォーマットに文字や文を記入する」「隅々まで考えて表現する」「コンピュータ用語で、データを記憶させること」という意味で使われます。

動詞として「書き込む・書き込んだ」と使われたり、副詞として「書き込んで」と使われたり、名詞として「書き込み」と使われたりします。

基本的に、狭い場所や定められた場所の中に、必要事項を記す時に使われる言葉です。

「書く」とは?

「書く」「かく」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「文字や符号を記すこと」という意味で、人に伝える為に文字や符合などを記して表現することを言います。

2つ目は「文章を作成すること」という意味で、自分の言いたいことを表現する為にまとまった文章を記すことを言います。

上記に共通するのは「記す」という意味です。

「書く」の使い方

「書く」「文字や符号を記すこと」「文章を作成すること」という意味で使われます。

動詞として「書く・書いた」と使われたり、副詞として「書いて」と使われたりします。

基本的に、場所を問わず、人に何かを伝える為に文字や符合などを記すことに使われる言葉です。

「書き込む」と「書く」の違い

「書き込む」「狭い場所や定められた場所の中に、必要事項を記すこと」という意味です。

「書く」「場所を問わず、人に何かを伝える為に文字や符合などを記すこと」という意味です。

「書き込む」の例文

・『漢字の余白に振り仮名を書き込んだ』

・『通販の申込書に名前や住所を書き込んだ』

・『この小説は心理描写まで細かく書き込まれている』

・『データをディスクに書き込むのに時間がかかる』

「書く」の例文

・『受付台帳に名前を書いた』

・『忘れない様にメモに書いておく』

・『彼は主に異世界小説を書いている』

・『最近は紙に書くことが少なくなった』

まとめ

今回は「書き込む」「書く」について紹介しました。

「書き込む」「中に記し入れる」「書く」「文字や符号を記す」覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典