スポンサーリンク

「最悪」と「最低」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「最悪」と「最低」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「最悪」「最低」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「最悪」とは?

「最悪」【さいあく】とは、事態が最も悪いという意味です。

名詞の「最悪」として、あるいは形容動詞「最悪な」のかたちで、さまざまな状況において用いられます。

類語は「最低」「極悪」【ごくあく】などです。

「最悪」は、読んで字のごとく「最も悪い」という意味を持ちます。

「最も」がつくので、他と比べて非常に悪い、これ以上のことはないほど悪い状況、ということになります。

主に、事態や結果、気分などが最も悪いことを表す時に使う言葉です。

また「最悪、貸したお金は一銭も返ってこない可能性がある」のように、最も悪い場合を仮定する状況に用いることもあります。

そのほか「やむを得ない場合には」「少なくとも」というニュアンスで「最悪」と言う場合もありますが、本来の意味からは少しずれ、「悪い」と言う意味を持たない使い方となっています。

「最悪」の例文

・『今朝はひどい二日酔いで最悪の気分だ』
・『台風が直撃したら、最悪、町の全世帯が停電になる可能性があります』
・『最悪、寝る場所さえあればなんとかやっていけると思う』

「最低」とは?

「最低」【さいてい】とは、ある事象の程度や数値が最も低いことです。

または、最も状況が悪い、劣っているという意味でも使われます。

「最低」は、漢字が表す通り「最も低い」状況を表す言葉です。

その際の「低い」が指す主な事象は、高さ、温度、検査結果の数値などとなります。

時に、質が低いという意味で「とても劣っている」「ひどい」「感じが悪い」といったニュアンスの「最低」を使うこともあります。

その場合は「最低な奴」のように形容動詞「最低な」のかたちで使うことも多くなります。

類語は、数値や程度が低いという意味の「最小」「最下層」や、状況がかなり悪いという意味の「どん底」「最悪」などです。

「少なくとも」という意味で使われることもあり、その場合は「最小限でも」といったニュアンスを持ちます。

「最低」の例文

・『今日の最低気温は5℃だった』
・『それは、人として最低のふるまいだぞ』
・『最低でも、一つは意見を出してください』

「最悪」と「最低」の違い

「最悪」「最低」の違いを、分かりやすく解説します。

「最悪」は最も悪いことです。

他と比べて状況が極めて悪いことを表しています。

「最低」は最も低いことです。

ある事象の示す数値が他と比べて極めて低いことを表しています。

「最悪」「悪い」というネガティブな状況を、「最低」「低い」という客観的な事実を表しているところが異なります。

ただし「非常に悪い」「非常に劣っている」という意味で使われるところは共通しており、たとえば「最悪な気分」「最悪な1日」「最低な気分」「最低な1日」と言い換えても違和感が生じません。

また、共に「少なくとも」という意味で使われており、その場合も「最悪でも」「最低でも」と言い換えることができます。

まとめ

「最悪」「最低」はお互いによく似ており、言い換えて意味の通じる場合も多々あります。

普段何気なく口にすることも多い言葉ですが、それぞれの言葉が持つ意味は異なるので、状況に合わせて適切な使い分けをしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典