スポンサーリンク

「月極定礎ホールディングス」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「月極定礎ホールディングス」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「月極定礎ホールディングス」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「月極定礎ホールディングス」の意味

全国の駐車場やマンションを支配下にしている超巨大企業。

「月極定礎ホールディングス」の解説

「月極定礎ホールディングス(GTHD)」とは、「日本を代表する企業の一つで駐車場業界最大手企業の『月極グループ』と日本各地のビルに必ず自社の名前を書いたプレートが設置されていることで有名な日本最大の不動産会社『定礎』が合併して生まれたとされる架空の超巨大企業・持ち株会社」のことです。

日本各地にある「月極(つきぎめ)」と書かれた駐車場を見て、「月極グループ」が存在していると思い込んだ人に対して、「月極グループ」が架空の会社としてつくられました。

ビルなどに埋め込まれる着工年月日などを刻んだ「定礎板」について、「定礎」という会社が存在していると思い込んだ人に対して、「定礎」という架空の存在が提示されました。

その「月極グループ」「定礎」が合併して、資本金22兆827億7133万7200円、従業員数423名、平均年収7000万以上の「月極定礎ホールディングス」が生まれたとするウェブ上の壮大なネタなのです。

「月極定礎ホールディングス」の使われ方

「月極定礎ホールディングス」は、「月単位で契約する月極駐車場」「建物に設置される定礎」の意味を知らない無知な人に対して仕掛けられた「ウェブ上の架空の超巨大企業(持ち株会社)のネタ」として使用されています。

今まで「月極」「つきぎめ」ではなく「げっきょく」と読んで、日本中に駐車場を持っている「月極グループ」と思い込んでいた人。

あるいは、ビル・建物の「定礎」に対して、日本中の高層ビル・建物を所有している「定礎」という会社があると思い込んでいた無知な人に対して、「月極グループ」「定礎」が合併して「月極定礎ホールディングス」という世界最大の超巨大企業が生まれたという「作り話のネタ」を提示するのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典