スポンサーリンク

「望み」と「願い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「望み」と「願い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「望み」「願い」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いや使い方を、是非とも把握していただいて日々の生活等の様々なシーンで活用してみてください。

スポンサーリンク

「望み」とは?

最初に「望み」の意味をご説明致します。

「望み」の意味とは、自分が心の中で「こうしたい」「あんな風になりたい」等と思うことを指しております。

また、ポジティブな結果を出せる可能性や、ポジティブな方向に進展するという見込み等を意味する場合にも使われるのです。

その他には、人望やながめを意味することもありますので、参考にしてみてください。

「願い」とは?

次に「願い」について解説致します。

「願い」の意味とは、自分の心の中でひたすら願う事を意味しております。

また、手続き上で必要になる書類を指す場合もあります。

是非、参考にして役立ててみてください。

「望み」と「願い」の違い

この項目にて「望み」「願い」の違いを説明します。

「望み」「願い」の違いについては、上の意味を理解する事で簡単に、違いが分かってくるはずです。

「望み」とは、心の中で「こうなりたい」「こういう風にしたい」と思っている事です。

また、生じるであろう結果、人望等にも使われます。

一方で、「願い」というのは、心の中でひたすらに願う事を意味しておりますし、手続き等が必要な事柄に生じる書類等を指している場合があるのです。

よって使い方としては、前者の場合は「彼は10年前からの望みがやっと叶うと心底喜んでおり~」という使い方がイメージしやすいでしょう。

また、後者の方は「願いがあるので言ってみようと~」という使い方と「辞職願いを出そうと思い~」という使い方があります。

是非ともこの違いを把握して、ご自分で臨機応変に使いわけてみてください。

「望み」を使った例文

ここでは「望み」を使った例文を書いていきます。

・『望みが叶って非常に喜んでいる』
・『今後、利益が出てくれば会社拡大の望みが見えてくるのだ』
・『望みが叶わなくても、彼は負けじと頑張っている』
・『望みが非常に高い人だ』
・『勝てる望みは殆どないと言っていた』

「願い」を使った例文

次は「願い」を使った例文を書きます。

・『先方はこちらの願いを聞き入れてくれるそうだ』
・『願いというのは中々、周囲からは理解されにくい』
・『辞職願いを提出したそうです』
・『自分の願いとしては第一希望の会社に入りたい』
・『どうしても願いを聞き入れてもらいたい』
以上が「願い」を使った例文となります。

「まとめ」

最後に「望み」というのは、心の中で「そうしたい」「こんな風になりたい」「あんなことがしたい」と思う事を指しております。

また、結果が好転する場合や人望等に関しても使われることがありますので、覚えておいてください。

一方「願い」というのは、心の中で願う事と、手続きが必要な書類等を表現する時に使いますので、把握しておいていただけると、何かと便利に使えます。

以上が「望み」「願い」の違いや使い方についてのまとめとします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典