スポンサーリンク

「未婚の母」と「シングルマザー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「未婚の母」と「シングルマザー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「未婚の母」「シングルマザー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「未婚の母」とは?

「未婚の母」は、結婚をせずに子どもを産み育てる女性のことです。

未婚とは、まだ結婚をしたことがない、結婚の経験がないことを意味します。

そのため、一度結婚をして離婚をして、母だけで子どもを育てている人のことは「未婚の母」とはいいません。

結婚後に妊娠・出産をした場合、母親の夫となっている人が子どもの父親となることが一般的です。

しかし、結婚せずに妊娠・出産をした場合は、戸籍の父親欄が空欄になります。

「シングルマザー」とは?

「シングルマザー」は、母親だけで子どもを育てている女性のことです。

「未婚の母」のことを指す場合もあります。

「シングルマザー」に対する語が「シングルファザー」です。

父親だけで子どもを育てている男性のことを指します。

「シングル」には、一人、独身という意味があります。

「シングルマザー」には、結婚したことがない、離婚をした、死別をしたなどが含まれます。

「未婚の母」と「シングルマザー」の違い

「未婚の母」は、結婚を一度もしたことがなく、子どもを育てている母親のことを意味します。

「シングルマザー」「未婚の母」と同じ意味で使用されることもありますが、「未婚の母」と異なる点は、離婚や死別を含むことです。

まとめ

どちらも母親だけで子どもを育てていますが、結婚をした経験があるのか、結婚は一度もしたことがないのかという点が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典