スポンサーリンク

「材料」と「道具」の違いは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「材料」と「道具」の違いは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「材料」「道具」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「材料」とは?

「材料」とは、ものを作るときのもととなるものです。

また、研究・調査・判断などの証明となるものの意味もあります。

ものを作るときのもととなるものの意味では、簡単な作業によって作れるものに用いるものをいいます。

ホットケーキを作るときのことで考えてみます。

ホットケーキを作るには、そのもととなる小麦、牛乳、卵、砂糖、ベーキングパウダーなどが必要です。

これらを「材料」といいます。

ホットケーキは複雑な作業を必要とせず、あまり加工をせずに作ることができます。

このような加工をあまりせずに簡単に作れるものの、もととなる物を「材料」といいます。

「材料」の使い方

何かを作るときのもととなるものを指して使用する言葉です。

加工をあまりせず、簡単な作業で作れるものの場合にいいます。

料理のレシピや手芸の作り方などで、よく出てきます。

たとえば、料理の場合だと塩、小麦、砂糖などがこれにあたります。

合成樹脂のような加工度が高く、簡単な作業では作れないものには用いません。

「道具」とは?

ものを作ったり、何かの作業をするために用いる物です。

また、他の目的のために利用されるものという意味もあります。

掃除をするときには、ホウキやチリトリを使用します。

これらは掃除をするための「道具」です。

野球をするときには、バット、グローブ、ヘルメットなどを使います。

これらは野球をするための「道具」です。

簡単なつくりで、手で持って使えるものを指しています。

他の目的のために利用されるものとは、「取引の道具」などのことです。

この場合、物品のことだけを指しているのではなく、人も含みます。

「道具」の使い方

ものを作ったり、何かをしたりするための物という意味や、ある目的のために利用されるものという意味で使用をします。

ものを作ったりするための「道具」の意味では、手で持って使える簡単なつくりのものを指しています。

ある目的のために利用されるものは、物品についても、人についても用いることができます。

「材料」と「道具」の違い

「材料」とは、何かをつくるときのもとになるものです。

器具のことではありません。

「道具」とは、何かを作るときに使う器具のことです。

ホットケーキを作るときのことでいうと、小麦、砂糖、卵などは「材料」で、フライパン、泡立て器などが「道具」です。

「材料」の例文

・『必要な材料をそろえる』
・『材料の分量をはかる』
・『材料を購入する』
・『材料があまってしまった』

「道具」の例文

・『道具の手入れをする』
・『野球に必要な道具』
・『道具を大切に扱ってください』
・『高価な道具を購入する』

まとめ

どちらの言葉も何かを作るときに必要なものを指していますが、同じものではありません。

一方は作るもととなるもの、もう一方は作るために使う器具を意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典