スポンサーリンク

「株主」と「出資者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「株主」と「出資者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「株主」「出資者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「株主」とは?

「株主」とは、株式会社に出資をして、株式を受け取った人のことを指します。

株式とは、株式会社の資本の単位、株主としての地位、株券のことです。

株券は、株主が所有する有価証券を意味します。

「株主」には主に3つの権利があります。

1つめは配当金です。

自分が保有している株式に応じて会社の利益の一部をもらえます。

2つめは議決権です。

株主総会で意見を言ったり、重要な決議に投票できたりします。

3つめは株主優待です。

会社の商品やサービスを割引価格で購入・利用できたり、商品をもらえたりします。

「出資者」とは?

「出資者」は、資金を出す人のことです。

特に事業を行うための資金を出すことを意味します。

単に「出資者」という場合には、どのような営業に対して資金を出すのかは特定されていません。

公益事業でも、株式会社でも、出資をしている人は「出資者」です。

「株主」と「出資者」の違い

「株主」は株式を持っている人のことです。

株式会社に出資をすると株式を受け取れます。

株式会社に出資した人ともいえます。

「出資者」は資金を出す人のことです。

特に事業を行うための出資に関して使います。

まとめ

「株主」は株式会社に出資をして、株式を持っている人のこと、「出資者」は株式会社でなくても出資をしている人のことをいい、この2つの言葉の意味は異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典