スポンサーリンク

「楽天的な人」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「楽天的な人」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「楽天的な人」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「楽天的な人」とは?意味

「楽天的な人」「らくてんてきなひと」と読み、いみは以下の通りです。

1つ目は「一つのものごとをいつまでもくよくよと考えない人」という意味で、終わってしまったことに対していつまでもくよくよと考え続けず、「まいっか」と次に頭を切り替えられる人のことです。

2つ目は「ものごとを明るい方へ考える性格の人」という意味で、いつでもものごとを良い方向へ考える、ポジティブシンキングな人のことです。

3つ目は「呑気な人」という意味で、ポジティブを通り越して、周囲の空気を読まずにのんびりしている人のことです。

上記に共通するのは「前向きに考える」という意味です。

「楽天的な人」の概要

「楽天的な人」「楽天的」「楽天+的」で成り立っています。

「楽天」「楽」「たのしい」とも読み「くよくよしないで明るく過ごすこと」という意味、「天」「天から与えられた運命」という意味、「的」「~の性質を持つ」「~の傾向がある」という意味です。

つまり、「楽天的」で、「天から与えられた運命を、くよくよせず明るく過ごす性格」という意味です。

ここに人が付いて「ある人物」という意味を持ちます。

「楽天的」とは、これから起きることに対しては「何とかなるんじゃないか」と思い、起きてしまったことに対しては「まいっか」と思う性格の人を表す言葉して使われています。

「楽天的な人」の言葉の使い方や使われ方

「楽天的な人」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

『彼は楽天的な人なので、困っても焦る様子を見せない』

普段からものごとを前向きに考える傾向のある人は、いざという時でも「きっとうまくいく」と思います。

ピンチにあっても焦ったり混乱したりせずに、自分がやるべきことを淡々とこなしている様子を表しています。

『私は楽天的な人が好みです』

職場であまりのんびりし過ぎていると、仕事がはかどらずにイライラするものですが、プライベートでは気持ちが大きく前向きな人の方が一緒にいて安心感があるものです。

プライベートで付き合うならば多少呑気でも前向きな人が良いということを表しています。

『上司は楽天的な人過ぎて部下が不安になる』

上司が明るい性格の場合、部下にとって仕事がやり易くてありがたいものです。

しかしあまりにポジティブ過ぎてトラブルが起きても「何とかなるよ」などと言っていると、部下が困ったり不安を感じてしまう様子をあらわしています。

「楽天的な人」の類語や言いかえ

「楽天的な人」の類語や言いかえは以下の通りです。

「楽観的(らっかんてき)」

「楽観的」「ものごとをうまくいくと考えて心配しない性格」という意味です。

「楽天的」と似ているのですが、「楽観的」「これから起きることに対して心配しないこと」に使われます。

「能天気(のうてんき)」

「能天気」「行動が軽薄でむこうみずであること」「呑気でくだらないこと」という意味です。

考えていることよりも、やることなすことが軽率な様子に使われる言葉です。

まとめ

今回は「楽天的な人」について紹介しました。

「楽天的な人」「前向きに考える性格の人」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典